2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

フォト蔵 chaアルバム

[今日飲んだお茶]フォトアルバム

  • V9041437
    「今日飲んだお茶」ブログで使用している写真のアルバムです。

Books

  • 自主独立農民という仕事
  • 天文台日記 (中公文庫)
  • 総合科学!? シンポジウム・ライヴ
  • 塩野七生ルネサンス著作集5 海の都の物語(上)
  • 塩野七生ルネサンス著作集5 海の都の物語(下)

Books(Computer)

  • UNIXという考え方

Books(マンガ・アニメ)

  • この世界の片隅に(上)
  • この世界の片隅に(中)
  • この世界の片隅に(下)
  • 夕凪の街 桜の国
  • 長い道
  • さんさん録 1
  • さんさん録 2

Books(茶の本)

カテゴリー「茶:分類(白茶・黄茶)」の5件の記事

2008年7月 3日 (木)

寿眉

寿眉(茶水)ここんとこ、体に熱が籠もったようで何かベタベタまとわりつくようで気持ち悪く、いつも微熱っぽく頭が重く、微妙な体調不良が続く。「私の中のよからぬものが~」(もう古い?)って感じです。
年齢的に、そろそろ更年期か?と思わないでもないんデスが、ここは一発デトックスじゃ!ってことで、久しぶりに「寿眉(そうめい)」を淹れてみた。

やや低めの温度(たぶん80℃位)で淹れると、淡い緑色が美しく、ほんのりスモーキーな香り(嫌いな人には枯れ草みたいと言われる(^_^;))と、滋味あふれる甘みが体に染みる。美味しいなぁ。
二煎目(万能ティサーバーで二回ずつ淹れているので、正確には三・四煎目)は少し温度高めで抽出時間長めにしてみると、水色やや茶色みを帯び、スモーキーさが少し強くなる。これまた吉。スモーキーと言ってもラプサンスーチョンとかみたいな燻製香まではいかない、干し草ベッドのシアワセって感じでしょうか。
夏はやっぱ白茶だね!

寿眉(茶葉)淹れる前の茶の葉はこんな感じ。
写真では色が綺麗に出てませんが、葉は細く長く、薄い緑色と深緑が混じり合い、白い産毛を帯びてます。
美味しい寿眉茶ってなかなか手に入らないんですよね。ネットなどで買うと「白毫銀針の二番茶的なもの」といった説明のもと、もっと葉の開いた刈り番茶のようなお茶が送られてくることがあります。
それもまた「寿眉」なんでしょうが、私の求める「寿眉」は違うんだよー。

今日淹れた寿眉は広島の「幸龍」(旧・わ膳)で購入したもの。ここのが近頃のマイベスト寿眉だったのですが、幸龍はこの春で閉店してしまったので、もう買うことができません。(/_;) 手持ちの寿眉が無くなったら・・・どーしよう。
あとは神戸の「天府銘茶」か。東京の「英紀茶荘」が香港・英紀茶荘で販売していた寿眉を復活してくれないかなぁ。
幸龍の経営会社にメールして仕入れ元を聞いてみようかな。教えてくれないかしら。無理?
どこかに美味しい寿眉茶を売っている店ありませんか~?

2005年6月18日 (土)

寿眉!寿眉!

金曜午後から神戸出張、現地任意解散だったので、個人で宿を取って一泊。
少し前に楽天ショップ「天府茗茶(テンフメイチャ)」に、これはひょっとして私が長く探していた寿眉かも?と思えるお茶が掲載されていたので、運営店である南京町「天仁茗茶(テンジンメイチャ) 」に行く。

「寿眉」は「白毫銀針」用に芽を摘み取った後の葉を利用した安価なお茶…というような説明をよく見かけ、ネットなどで購入すると、極端な言い方をしたら刈り番茶のような開いた茶色い茶葉が入っている安っぽいお茶が送られてくることがある。
違うよー。私が15〜20年前に飲んで感動した「寿眉」は、茶色な広がった葉なんか入っていなかった。確かに“芽”では無いが、青く白い“葉”が細く撚られていた…と記憶してる。(ま、この記憶ちとアヤシイ気もするけどね)

そして、見つけた。これです。これこれ!
試飲をさせてもらったが、たぶん大丈夫。100g2750円と値段的にもこんな感じだ。
200g購入。鬱陶しい湿気の多い蒸し暑い時季でもあるので、白茶は必需品。うふふふふ、当分楽しめるぞー。

2005年3月 7日 (月)

KanguraValley Wah茶園 SilverTips/04

最近ペットボトル茶の記事が多いですが、日々ペット茶だけを飲んでいる訳ではありません。そこはそれ、新発売モノがあるとつい買ってしまうという困った習性ゆえ。(^^ゞ

私の毎日は、概ね次のように推移します。
 出勤
  → コーヒーを淹れて飲む
  → 昼ごはん(外食先で出る番茶がうまい)
  → 午後イチの茶を淹れて飲む(中国茶なら足し湯をして飲み続ける)
  → 気分により違う茶を淹れて飲む
  帰宅
(あ、仕事もしてますってば)

お茶は、朝コーヒー飲む気分じゃない日以外は、午後イチ(1時半〜2時頃)に1杯めを淹れることになります。
本日の午後イチ茶は、名古屋近くにある紅茶専門店TEAS Liyn-anのネットショップで購入した「白茶っぽい紅茶」
ショップから来るメールマガジンに「製法は白茶で、飲んでみると緑茶に近い」そんなふうな表現があったんですよ。
「SilverTips」という名前だけに、ほそーい新芽ばかりの繊細な茶の葉。そして、ところどころ緑色な箇所がある! 紅茶なのに!
湯を注ぐと、骨格は確かに紅茶なんだけど、笹のような草叢のような青い香り、嫌いな人には「枯れ草風味」と貶されるほのぼのひなた味・・・Liyn-anさん、私は味も白茶っぽいと思います。

カングラバレーはヒマラヤ西側、ダライラマ亡命政府が置かれる地域にあるのだそうです。

★TEAS Liyn-an → http://liyn-an.com/

2004年2月 1日 (日)

2002/1/1■白茶「牡丹寿眉」

【データ】100g \1,280(老地方茶坊) 購入日:2001/12/10

今年のお茶初めは寿眉茶。記憶の中の寿眉の味は甦えるか?…と思って買ってみた。
香りは、例えば笹の葉や草叢みたいな「青い」感じ。
味は、さわやか・軽やかな渋味が爽快、少し時間長めでいれると野生味が出てくる感じ。
こんな味だったかいうと、こんな感じだった気がするけど、もっと驚く美味しさだったような。 (ま、古い記憶は膨らみがちになるものだけどね)

★老地方茶坊(ネット通販) → http://www.tea-jp.com/chinatea/index.html

■貢品寿眉

【データ】値段?(そごう中国物産展) 購入日:不明(1985年頃?)

とにかく美味しかったという記憶が。ほとんど名前しか覚えていないけど、中国茶は旨い!と初めて思ったお茶。
なにしろ当時買える中国茶の茶葉と言えば、焦げたような焙煎高い鉄観音がほとんど。サントリーの烏龍茶は激マズだったし。

チャイナな缶か箱に入って、値段が1200円とか1600円とかそのくらいだったか。重量的には30〜50gくらいかな?

この後少し経って、バブル・円高の時期になった時、輸入代行で購入した香港英記茶荘の寿眉も旨かった。

フォト

応援します! アニメーション文化の街・広島

recommend & affiliate

  • マクロミルへ登録
  • A8.net(無料会員登録)

さと’Web Site

友達

  • Zen's Garbage collection
    ダンナのblog. ぼちぼち稼働してるみたいなので、リンク張ってやろっと
  • 広島珈琲紀行
    あるときは珈琲人、またあるときは蕎麦人、かつおさん
  • 蜻蛉のたはごと
    テンプレートおそろ(だった)♪るこさんの日記。
  • つれづれ日記
    土壇場女王・いつもパワフルMASAちゃんの日記
  • @りえ記
    舞台あらば日本中どこでも出没。りえちゃん一体どこに住んでいるの?
  • もりの日記
    マンガ家・杜野亜希先生の日記。今日は何に夢中ですか?
  • はなうたでラテン:
    料理上手!イラストレーターsueちゃんの日常。センス良い写真が素敵です。
  • ぼんやり帖
    のんびり癒し系なはんちゃんの、超多忙・激務の日々に織り込まれる、本と映画と舞台の数々。
無料ブログはココログ