« 香珈珈琲 安芸ブレンド | トップページ | 中国地域発「アニメ制作コンペ」2次募集開始! »

2008年11月16日 (日)

魂が震える~湖川 友謙氏セミナー~

昨日、コンテンツプロデュースセミナー(経済産業省中国経済産業局主催/アニメーションビエンナーレ共催)第7回「企画書作成におけるキャラクターの提案の仕方」に、無理言ってお願いして関係者枠で参加させてもらってきました。
何故ならっ!
講師があのイデオン・ザブングル・ダンバインのキャラクターデザインの湖川 友謙(こがわ とものり)さんだったので!

実はこの企画のお手伝いをしておりまして、講師リストにあった湖川さんを大プッシュしたのは、私ともう一人の実行委員メンバーだったりして。(^^ゞ
いや、だって、湖川さんですよ、湖川さん。直接、話が聞ける機会なんてそうそう無いですぜっ。アニメーターを目指す学生さんにとっても必ず身になる話が聞けるはずと思ったから。

予想通り、凄かったですよ。
セミナー内容は、ご自身の経歴から始まって、キャラクターづくりの押さえるべきポイント。ノウハウ的実習というよりは、キャラクターづくりをするために如何に学ぶか…といった傾向の話と感じました。湖川さん曰く、実習で教えたら1日あっても足りないとのことで。(そりゃ、そうだ)
最後にキャラクターを描いてみようとの指示が出て、描いている学生さんたちの席を回って鉛筆の持ち方を指摘されたり。正しく持たないと手首を痛めるよ、と。

なんというか、いちいち胸に響く言葉を発する人でした。

飽くなき人間観察が彼のキャラクターデザインの根幹なのでは。人を見る眼が全然違う。そして、適切な言い方ではないかもしれないけど遊び代(しろ)とでも言うのか、人間性のふっくらした余裕が、キャラクターに様々な色合いを与えるように思いました。もちろん、技術や方法論はきっちり習得した上でなのでしょうが。小手先じゃねーよ。
すごく気配りのある人でした。稀有な人だと思う。聞いたことやお話したことを反芻すると、鳥肌立ちまくりです。

自分のやりたいことを信じて必要な学びを怠らないこと。そして、観察すること。鉛筆は正しい持ち方をしよう。
人と出会うとは、刻に、一生の宝物。
…参ったなぁ。魂が震えるとは、こういうことなのでしょうか。

|

« 香珈珈琲 安芸ブレンド | トップページ | 中国地域発「アニメ制作コンペ」2次募集開始! »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

仕事・スキル・働きかた」カテゴリの記事

地域・まちづくり」カテゴリの記事

コメント

うおぉぉぉぉぉぉぉぉ~~~~~~~~~~~!!!
湖川さんですよ!
「さらば宇宙戦艦ヤマト」の総作画監督の湖川さんですよっ!!!
うおうおうおうおうおうおうおうおうおうおうおぉぉぉぉぉぉぉ~~~~!!!!
昨日広島に出てたのにぃ~~~~~~~~~~!!!(滝涙)
あの、あおりの顔が好きっ!!!
湖川さんのあの視点ってのは好きだなぁ…
などと言っておりますが、個人的に一番好きな彼のキャラクターは
ジェリル・クチビだったりする。赤い髪の女ぁ~~~~~

投稿: ponpon | 2008年11月16日 (日) 23:18

ponponさん、ごめんよぅ。
多少の席の余裕はあったのだが、あまり大っぴらにすることもできなかったので…。

そして、またまた、ごめんよぅ。握手してもらっちゃった。
古代くんを描いた手だよ~~~。ここんとこ毎日毎日、反芻して思い出してはドキドキしとります。
ちなみに、セミナー中、ホワイトボードにさらさらっと古代くんを描かれたり……ぐはっ。

投稿: さと | 2008年11月19日 (水) 21:00

さら・・・さらさら・・・
さらさらさらさらさら~~~~~~・・・・・・


きっとその場にいたら、感動で泣くところだったろうなぁ…

と、感動しまくっておりますが、湖川さんは普通のアニメーターとは
違う経歴を持っておられるだけあって、なかなか筋が通っている。
彼が自分で作ってきた感性が、独特なキャラクターになったのかと
感じております。
それだけに、実際にお話をうかがえたと言うことは、
本当に貴重ですよ。
いいなぁ~~~~~…

投稿: ponpon | 2008年11月19日 (水) 22:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 魂が震える~湖川 友謙氏セミナー~:

« 香珈珈琲 安芸ブレンド | トップページ | 中国地域発「アニメ制作コンペ」2次募集開始! »