2008年5月21日 (水)

ゆめタウンの虜。

我が家のお買い物圏内にショッピングセンター「ゆめタウン広島」ができたのは、今年2月。「紀伊国屋」「アンデルセン」と、私のツボの店舗が入っていて、今や、すっかり“ゆめタウンの虜。”だ。

水出しアイスコーヒー今日は、紀伊国屋で本を買った後、呉のゴールデン・バーンズ系列のカフェ「GB style-CAFE」に寄ってみた。
有機栽培珈琲豆を使用したネルドリップコーヒー450円、水出しアイスコーヒー500円。割と濃い味で、まずまず良いんじゃない。もう50円安ければ文句は無いんだけど、テナント料もあるだろうから仕方ないかな。
基本的にはベトナムコーヒーやチェーなどアジアンスイーツが売りのカフェ。

写真は水出しアイスコーヒーの器。
ちょっと懐かしい感じでいい。昔はこんな銅のマグでアイスコーヒーを出す喫茶店ってあったよね。

3F「まねきねこのて 招喜屋」「織部」で雑貨を眺めて、「ホビーゾーン」でガンプラを冷やかして、「紀伊国屋」で本を買って、「GB style-CAFE」でひと休み。それからセンターコートのエスカレーターで1Fに降りて食品のお買い物・・・ってパターンになりそうな(笑)。
1Fでは「カルディ・コーヒーファーム」(コーヒーと輸入食品)、「三國屋善五郎」(お茶の専門店)、「我楽屋おかめ」(和雑貨)あたりもウロウロしております。
食品売り場も広すぎず品揃えも十分で使い勝手が良い。
少し前までお買い物圏内唯一の大型ショッピングセンターだった「宇品イオン」は、比べると広すぎて私の足ではツラかったんだよぅ。

【追記】
食品売り場内にある漬物店で売っている「メロン漬」が最近お気に入り。赤ちゃんの握り拳ほどの摘果メロンを醤油漬にしたもの。味は・・・食べてのお楽しみ!

[memologue]

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月26日 (土)

サロン・ド・テ房州 復活!

green coffeeのブログによると、
「ポワブリエール」たかの橋店2F、喫茶「サロン・ド・テ房州」が復活したそうです!
ブログでは“サロン・ド・カフェ房州”と書いてあったので、飲み物はコーヒーメインなのか?
…と、重箱のスミつつきなことはともかく、あの古き良き喫茶の雰囲気がまた味わえると思うと嬉しいですねぇ。o(^-^)o

自分のブログの過去ログ調べてみたら、閉店は2005年冬頃だったので、2年ちょっとでの復活。
あるいは、期間限定で場所貸ししていたとか?
(その、少し前まで入っていたアレックスさんのお店「Trattoria Pizzeria ALEX」にも行ってみたかったけど、結局行けずじまい。残念)

わーい、嬉しいなぁ。いつ行こうかなぁ。o(^^o) (o^^o) (o^^)o ♪

[kissa]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月19日 (土)

こうしい屋 蛇舞珈亭

4月の定例飲み会は古江の「グリル ラ・ルーナ」(住所は庚午中2丁目) 焼肉屋らしいのだが、店内の壁は白だそうで、それってさぞ掃除が大変だろうとメンバーみんな興味津々だった店。
しかし! 私は別の飲み会とかちあってしまって不参加。残念。

ただ、古江とあらば、ココに行かずに済ませる訳にはいくまい。
焼肉の前に、ココに集まってお茶しようというとになった、その店は…。
並木通りから牛田早稲田、そして古江新町に移転した「蛇舞珈亭」
並木通り時代は買い物のついでに必ず立ち寄った。牛田早稲田の山の上に移転してしまった時は珈琲好きの友人の車に同乗させてもらって一度だけ行けた。
そして、古江には、移転してからずいぶんと経って今日、ようやく行くことができた。
蛇舞珈亭カード
広電の古江駅を降りて2号線側へ出ると、あとはまっすぐ。正面に見えてます。何てわかりやすい場所。
前面ガラスのオープンな印象の店。テラスにはテーブル席もあり、店内に入ってすぐにはケーキのショーケースも備えられ、並木通りや牛田早稲田時代のような、ちょっと隠れ家的な立地・雰囲気とずいぶん感じが変わってます。
だけど、マスターは相変わらず。そして一枚板のカウンターも、カウンターの中でマスターがコーヒーを淹れる位置も、洗濯機も相変わらず。(^_^)
店の中には珈琲の香りが充満していて、もうそれだけで幸せ。

ブレンドは「さわやかブレンド」「深煎りブレンド」の二種類になっていて各500円。ケーキが350円~で、ケーキと飲み物を一緒に注文するとセット割引で50円引き。深煎りブレンド&チーズケーキ(ココに来たら注文せねば!)で800円。並木時代のケーキセットが750円だったから、すこーしだけ値上げということになるけど、ま、許容範囲です。
味については、別に書きます。

場所柄、頻繁には行けないけど、そう遠い訳でもなく交通の便もいい立地なので、何かついでがある時にはまた寄ってみよう。少なくとも、牛田早稲田の時より行きやすくなったね。

[memologue]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 9日 (水)

musimpanen(ムッシムパネン)

今日は夕方からmixi「広島アニメーションをつくる!」コミュのお花見オフの予定が、非情にもどしゃぶりの雨・・・。
桜の花はまだ綺麗に残っていたのに、残念。
開催予定だった京橋川沿い河岸緑地前にあるカフェに集合(私の個人的希望。スミマセン、メンバーの皆様)して、その後、居酒屋へ移動です。

集合したのは、「musimpanen(ムッシムパネン)」
http://blog.musimpanen.com/
ときどきコーヒーを買いに行っているgreen coffeeさんとこのブログで知ったお店。もともと廿日市のほうにあったらしいが、京橋川沿いに移転されてきたとか。
お店のブログを読んでいて、カフェ好きの私としては、ずっと行きたいなぁと思っていた。
ムッシムパネン
雨に煙る京橋川と桜を望む店内。
予想通り、いいお店です。テラスもあり天気の良い日は席ができるようす。新緑真っ盛りになったら、テラス席でお茶って良いだろうなぁ。

コーヒーはgreen coffee、紅茶は大阪のティハウス・ムジカのものを使っているらしい。
紅茶はポット提供なので、のんびり愉しめます。

お気に入りの喫茶店になりそうです。・・・あ、基本はケーキ屋さんですケド。もちろんケーキ美味しいです。

[memologue]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 1日 (土)

創作イタリア料理Ship, Aniju

創作イタリア料理Ship
同業仲間の女子で集まっての定例飲み会。
今回は、宇品西6丁目の「創作イタリア料理Ship」(ぐるなびにリンク)へ。

年度末だし平日は難しいかもということで、開催は土曜日。
私は休日出勤して一仕事片付けた後に、向かいました。

広島港近くの食べ放題の店「とり楽」(以前はヤマスイの回転寿司だった)の裏手、建築雑誌に掲載されていそうな真っ白で四角い建物があります。上階は自宅なのかな? およそ飲食店っぽくない雰囲気。
私はここらへんは以前来たことがあるし、携帯の地図で目星付けて行ったからすぐ分かったけれど、初めて来る人は気付きにくいかも。予想通り、他のメンバーは迷ったようで、仕事があって一番遅れそうな私が一番乗り(笑)。
写真では、鰻の寝床みたいなのか?と見えますが、この細長い部分の向こう側にL字型に客席フロアがあって、カウンター・テーブル合わせて20席ほどのこじんまりとした店ながら、天上も高く、せせこましい感じはなかったですよ。

Shipショップカードcreativo italiana ・・・「創作イタリア料理」

“創作”という言葉から、ずいぶんとヒネッたような料理が出てくるのかと思いきや、けっこうシンプル。
カジキマグロと青じそとおろしパスタは、確かにちょいとヒネッた感じなのかな。これが意外と美味しかったのですが。
スパークリングのハーフボトル、白・赤のフルボトル1本ずつ頼んで、前菜2種、パスタ2種、メイン、手作りパン、チーズ盛合せ、ドルチェ全種盛り(というメニューはありません。全9種類注文したのだ(^^ゞ)とコーヒーで、1人4800円でした。
店員さんもフレンドリーで、楽しく過ごせました。ご馳走様です。

その後、近くのカフェ「Aniju」に行って、コーヒーや苺(あまおう)ジュースなど飲みながらお喋りしていると、いつのまにか23時過ぎ。
町はずれの港付近は車通りもなくシーンと静まりかえる・・・。お店でタクシー呼んでもらって、乗り合わせて帰宅しました。私はどうにか当日中に帰宅。ダンナ曰く「今日は早いね」(^_^;)
ああ、楽しかった。仕事が片付いた後の、のんびりした飲み会はいいね。来週からまた仕事がんばろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 8日 (金)

FAIR-TRADE cafe Paco

cafe Paco契約先への車での移動途中にふと見上げたら、こんな看板と目が合った。

「FAIR-TRADE cafe Paco」

フェアトレード・・・と読める、手作り感あふれる看板に惹かれて、携帯カメラでパシャリ。

「大手町三丁目食堂」の隣のビル2階で、同じビル1階にはフジカラープリントショップ(パレットプラザ)が入っているので、そこにあると思って行けばとても解りやすいけど、知らずに道を歩いていたら気付かないかもしれない。ビル入り口のあたりにはメニューなどが書いてあるような感じの掲示は出ていた。

普段飲みのコーヒーは、らでぃっしゅぼーやのフェアトレードコーヒー頒布会・カフェ倶楽部を利用しているので、なんだか気になる。
帰宅してネット検索してみたら、昨年秋にオープンした、NPO法人ピースビルダーズが運営しているカフェとのこと。
http://www.gethiroshima.com/jp/Places/Kids/details?placeid=50506
http://www.peacebuilders.jp/

住所: 広島市中区大手町3-8-3
電話: 082-247-0645
営業: 月~金 11時~17時

フェアトレードのルワンダコーヒーや、ラーダカレーのランチなどを出しているらしい。
行ってみたいけど、営業時間がこれでは・・・。17時がラストオーダーだったとしても、かなり難しい。来月、通院日で休みを取るときにでも行けるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 6日 (土)

GOLDEN GARDEN, SHICHIDA LIFE CAFE

GOLDEN GARDEN昨夜は、シャルボン、アレアレ!デュバン!へ行ったメンバーとビアバーへ。
メンバーの一人(ビール好き)が引っ越しで広島を離れるため、送別会ということで。
…と言いつつ、職場の飲み会がかぶっていて、それが済んだ後に合流したのでした。

REAL BEER STYLE 「GOLDEN GARDEN」というお店。
中央通りの宝塚会館・ヤマダ電気のある交差点から西へ入ってすぐという、とっても街中だけど、小さなビルの2階にあり、通りすがりでは気付かないだろう場所。
1階はイベントス系列のパスタ&ワインの店「cucina BIANCO(クチーナ ビアンコ)」で、その左側の階段を上って2階へ。
以前は何があったんだろう? 壁や床は昔ながらの喫茶店かと思うような古びた佇まい。とても良い雰囲気。
カウンターとテーブル数個で、20席あるかないかの広さ。こういう、目の届く広さのお店って大好きです。

ドイツやベルギーのビールを楽しむことができ、日本の地ビールも飲めるようです。
居酒屋で一通り飲み食いした後だったので、ドイツのヴァイツェンを一杯もらって楽しみました。美味しかった。
食べ物はツマミになる程度の少量盛り。2~3種しか食べなかったけれど、ていねいに作られているなという味でした。
料理の量などを考えると、やや割高かもしれないけど、おいしいビールを飲みたい!と思ったときは良いお店ですね。
また行って、今度はいろんなビールを楽しもう。o(^-^)o

そうそう、うっかりビールがこぼれてしまって、写真のショップカードはフルーツビールの香りがします。(^_^;)
ブログでこの香りを伝えられないのが残念なくらい、良い香り!

■お店ブログはこちら⇒ GOLDEN GARDEN のビール日記

既に0時というのに、ちょっとコーヒーでも飲もうかという話になり、行ってみたかった「SHICHIDA LIFE CAFE(シチダライフカフェ)」へ。
ここは、食育を発信・提案するという方針のお店と聞いていて、どんなもんかな?と気になっていたのです。

店頭の看板には営業時間~24時と書いてあり、アイタタと思ったら、金・土・日は2時までやっているとのこと。
煙草吸いがいるので、外のテラス席に陣取って、のんびりと。
テラスと言っても、中央通りに面していて、目の前には車がごうごう通り、向かいにはカラオケ・ビックエコーと巨大パーキングビルで景色的にはちょっとアレ(^_^;)なんですが。

「小松菜とアロエのジュース」(700円)というやつを飲みました。変わりモノ好きなもんで。
青汁のようなものが出てくるかとドキドキしていたら、これが美味しかったですよ。たぶん、リンゴやバナナなども入れてあるんでしょう、酸味や甘味もあって。
オーガニックフードの料理を出されるそうで、今度は食べ物にチャレンジだな。
飲み物はコーヒー500円~。食べ物はやや値段高めだったような。ま、街中カフェなお値段ですか。
立地もいいので、買い物帰りにちょっと休憩、にも良いですね。

膝を壊して以来、大好きなカフェ巡りができなくなっていたけど、ぼちぼちまた始めようかな。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年12月 8日 (木)

サロン・ド・テ房州 無くなる!

快食.comの情報交換室で得た情報によると、鷹野橋の「サロン・ド・テ房州」がイタリアンの店(トラットリア)になるんだそうです。1Fのケーキ屋ポワブリエールはそのまま営業継続らしい。

通勤途中に見たら、確かに2Fにブルーシートが掛かっていて、改装途中の様子。
ぐわーっ!! ショック、ショック、アイアンショック!!

大学に入って、研究室のおねーさまに連れて行ってもらった、ちょっとオシャレな喫茶店。(カフェとは言わんよ)
もう20年以上も前の話です。
大都会広島に出てきたばかりの田舎娘は最初はビクビクだったけど、だんだん、その居心地の良さが身に沁みてきて、房州は、私の「喫茶店とはこういうものだ」の原点のひとつとなりました。

窓からは陽の光が差し込み、程よい間隔で並べられたテーブル。
大きなテーブルを学生仲間で囲んで語り合い、夏の午後には一人でふらりと寄って小さな丸テーブルに腰を落ち着けのんびりアイスコーヒーで喉を潤す。
そう言えば、甘くないクレープがあると知ったのもここだったし、クレープが蕎麦粉で作られることを知ったのもここに立ち寄ってからだったように思う。

喫茶店とは、一人で在ることも皆で居ることも、どちらも受け入れてくれ、そして、立ち寄る人間はそこに居る他人の個を尊重することを覚える場。
新しい発見や、内省や、さまざまな智慧や、心の広がりを支えてくれるものが、さりげなくそこにある場。

・・・いかん、書いてたら、泣きそうになってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)