2008年12月13日 (土)

初体験は兼好師匠!~落語は“場”の芸術~

昨日の夜、第1回生らくご会「遊雀&兼好 らくご珍道中~広島編」(主催:広島で生の落語を聴く会)で、生の落語を初体験してきました。

仕事の都合で少々遅れて入場すると、二席めがちょうど始まるところ。
--------------------
 一.三遊亭遊雀
 二.三遊亭兼好
   (中入り)
 三.三遊亭兼好
 四.三遊亭遊雀
--------------------
という上演順だったため、私の生落語の初体験は、三遊亭兼好師匠。
よく響く高い声が印象的で、落語の楽しみ方などを交えつつ、演ずるは『元犬』『壺算』という話。『元犬』は真っ白い犬が人間になるという話で、「某電話会社CMの犬も真っ白いですよねぇ」などと言って会場の笑いを誘って話を始められたり、なかなか楽しい方です。

そして、トリの三遊亭遊雀師匠は『紺屋高尾』という、染物職人・久蔵と吉原の花魁・高尾の純愛話。こちらは特に前フリも無くサラリと話に入られるスマートさ。(一席めから聞いていたダンナによると、最初はもうツカミまくりだったそうな)
久蔵で話すときは職人らしい力一杯な声、花魁で話すときは呟くような愛らしい話し方。

テレビなどで聴くのと比べて、声の厚みというか響きというか、そういったものが全然違う。これが生ってことなのかな。

兼好師匠の言われた「落語はとても不親切な演芸。芝居やミュージカルのように、たくさんの出演者で楽しませる訳でもない、豪華な舞台セットがある訳でもない、素晴らしい音楽が鳴る訳でもない。聞き手に場面を想像してもらって初めて成り立つ。でも、だからこそ、何でもできる。」(私の記憶で書いているので話された通りではないです。間違いあればご容赦)との言葉に、ナルホド!と。

11月に「コンテンツプロデュースセミナー」で、湖川友謙さんが言われた「アニメは小説や漫画に比べて想像の余地が少ないから、原作を持つアニメは面白さという点では負ける。」という話をふと思い出します。(だからアニメがダメだという話ではなく、そこでどう見せて行くかが問題になるのですが)

アニメにしても落語にしても、受け取る(見る・聴く)側がどう作品に係わっていくかが大切なんだろうなぁと感じた次第。

打ち上げにも参加させてもらって、両師匠のお話をいろいろと聴けたのも、めったにないこと。とゆーか、初めて生落語を聴く初心者がこんな贅沢させてもらっていいのだろーか?(^_^;)

同じ演目でも演者によって、どの登場人物を主にして話すか違うそうだし、先行する演目や客席の反応次第で後続の演者は急遽その場で演目を変えることもあるそう。すごいねー。
聴いている“その場”で係わって行ける面白みがあるんですね。
そうやって、演芸場という“場”の中で展開される芸術(大袈裟?)が、落語なのかな。
アニメなど完成した映像作品では、そこまではできないけれど、映画館に見に行けば同じ劇場というハコの中で見ている人達と感動を共有できる楽しみがあり、それはDVDなどでは味わえない。だから、これはと思うアニメ映画は必ず劇場で見るようにしているのだけどね。

より積極的に“場を共有して楽しむ文化”をもっと体験できたら面白そう。

遊雀師匠が「プロの聴き手になって欲しい」と言われたのが、とても私の中に残りました。
アニメーションフェスティバルで作品を見ていくなかで、『良き観客』になることが作家を支援していくことになるんじゃないか?と思っていたのは、間違いじゃなかったようです。

ああ、刺激的で楽しい初体験でした。

三遊亭遊雀プロフィール(落語芸術協会HP)
三遊亭兼好プロフィール(星企画HP)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月30日 (日)

科学と技術と芸術と

探求精神としての「科学」と適用能力としての「技術」、その根底に在る光脈の現れとしての「芸術」、それぞれの意味とは何か? を考えずにはいられない。
出身学部の英語表記が"Faculty of Integrated Arts and Sciences"であることから。そして、仕事・趣味上の興味から。(アニメって、科学技術のバックボーンをもった芸術だ)

それぞれの欧米語系語源を調べてみると…
 科学:science(ラテン語"scio"=知る), Wissenschaft
 技術:technology(古代ギリシア語テクネー/ラテン語"ars"=わざ), Technologie
 芸術:art(ラテン語"ars"=わざ), Art

artには“人の手になるもの”的な意味合いもあり、例えば、人工知能 AI(Artificial Intelligence)という言葉にその例を見ることができる。

漢語系語源はまた別途。

●文部科学省:21世紀の社会と科学技術を考える懇談会(第3回) 資料3-6
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/11/03/990335/990335n.htm
 懇談会-トップページ
 懇談会-ワーキンググループ 議事録

●総合科学技術会議
http://www8.cao.go.jp/cstp/

余談ではありますが、総合科学は本来(笑)「ネクシャリズム」(総合科学者は「ネクシャリスト」) これのスペルってどうだったかな? スペシャリストの反対語的な意味合い(個々の分野に細分化した科学への警鐘として)があったような。
腐海部屋のどこかに本はあるはず…。
当時は“総合科学士(ネクシャリスト)”が取れると思って入学したんだが(苦笑)、“教養学士”と知ってガックリした。今思えば、“教養学士”ずいぶん奥の深いコトバなのに。

ええっと、よろしければ、左サイドバー下のBooksリンクから「総合科学!? シンポジウム・ライヴ」をお買い上げくださいまし。我が研究室が誇る(のか? って殘念ながら私の在学中には赴任されてなかったが)、昨今、「カンゴロンゴ」などNHKアヤシイ番組露出度合いの多い加藤徹先生も編者のひとりです。

続きを読む "科学と技術と芸術と"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月15日 (水)

12月12日 落語会「遊雀&兼好らくご珍道中 広島編」のお知らせ

酒呑みをやっていると、不思議な御縁があるものです。

それは、8月初めの真夜中1時。
アニメーションフェスティバル公開コンペと、それに続くアニメーション作家・山村浩二氏の上映&講演会を終えて、ちょっと一杯だけ…と寄った、とあるバー。
そのカウンターでお隣になった方が、落語のイベントを企画されているとのこと。
ちょうど私も8月の終わりにアニメーション上映会を開催する運びになっていたので、意気投合していろいろとお話しして、短い時間ながら楽しく過ごして。

そして、先日、「詳細決まりました!」とメールをいただいたので、紹介します。
らくご珍道中チラシ
【開催日時】2008年12月12日(金)19時開演(18時半開場)
【場所】 アステールプラザ多目的スタジオ(中区加古町)
【主催】 「広島で生の落語を聴く会」(らくご珍道中実行委員会)
【出演】 三遊亭遊雀、三遊亭兼好
【入場料】3000円(全席自由)※市内主要プレイガイド、チケットぴあで販売中。
【内容】
真打ち2人による落語会(1人2席ずつ、計4席の落語を公演)
落語を初めて聴く方から落語ファンの方まで幅広く楽しんでいただける内容です。
出演は、現在、大人気の柳家喬太郎や林家たい平らと並び落語会の次世代を担う三遊亭遊雀師匠と、今秋、真打ちに昇進した新進気鋭、飛ぶ鳥落とす勢いで進化中の三遊亭兼好師匠のお二人です。
(※二人のプロフィールについては別紙に添付していますので、ご参照下さい)
お二人は、どちらも古典落語を得意とし、独特の軽みがあり、落語初心者をも爆笑と落語の世界に連れて行ってくれる最高の落語案内人だと思います。前座なし、真打ち2人がそれぞれ落語2席、計4席をやる「落語たっぷり」の会です。
演目はその日のお楽しみ。その日の会場の雰囲気に合った噺をその場で選んで下さるでしょう。これもまた、生(ライブ)の楽しみ、醍醐味でもあります。
ぜひ、落語初心者の方にも足を運んでいただき、落語の世界にはまっていただきたいと思います。
初めてのことばかりで、すべてが手探り状態ですが、広島に落語文化を根付かせることを夢見て、今後も自分たちのペースで年に数回程度、旬のプロの落語家を呼んでの落語会を開いていきたいと思っています。



主催者の許可を得て、チラシpdfファイルをダウンロードできるようにしときました。
以下からどーぞ!
らくご珍道中 公演チラシ(1) …上に表示している画像と同じもの
らくご珍道中 公演チラシ(2) …主催者からの御挨拶チラシ
らくご珍道中 演者プロフィール

落語は全然知らないんですが(^^ゞ、なんか楽しそうですね。
12月の仕事がどーなってるか次第なんだけど、行ってみようかなぁ。
みなさまも是非どーぞ。

関連リンク:オフィスせいしょう亭

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月20日 (日)

芸術は魂の食べ物

下関市立美術館へ「少女マンガ3人展 ~しものせきより愛をこめて~ (水野英子・青池保子・文月今日子)」を見に行く。今日は、3人展の作家である、水野英子・青池保子・文月今日子先生のトークショーがあるので、それに合わせて。
展示・トークショーの報告は記事を改めるとして、美術館の佇まいでなかなか良い場所があったので、まずはその紹介を。

下関美術館1美術館裏手の駐車場から正面入り口へ回る小径沿いに、こんな作品群を見つけた。

足元には、
「芸術は魂の食べ物」
との、河村幸次郎の言葉が書かれた定礎のような石がある。
(河村幸次郎は下関出身の実業家で、そのコレクションの寄贈を受けて下関市立美術館が開設されたとのこと)

駐車場から正面入り口に出るには階段を上がらなくてはいけなくて(※)、足の不自由な身としては、やれやれ不便な作りじゃと思ったけど、この風景を見つけて、その気持ちも吹っ飛んだ。

良い言葉。
そうだね。体だけじゃなくて魂も食べ物を摂らないと、健康にはなれない。
それは高いお金を出して贅沢な芸術品を堪能するという意味じゃない。人として心のゆとりを持つためのささやかな喜びを得ようってことなのだと思う。
みんなぁ! ブンカしてるぅ~? …ってことさ。

下関美術館2

下関美術館3

下関美術館4美術館の海側にイオンモール建設中のクレーンを入れて撮影。
スミマセン。クレーン萌えで(^^ゞ

(※)建物反対側からスロープで行けるらしい。後で気付きました。ただ、階段のほうも段の高さは低いし手摺りがあるので、しんどくてたまらんという程でもありません。杖で歩ける私には十分上れる階段でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 7日 (水)

『図解・大伴昌司の脳世界』大伴万博EXPO '07 -怪奇と調和-

友人が、広島市立大学市民講座「展覧会をつくる」を受講して、こういう展示会の企画に関わりました。

■2007年11月4日(日)から11月11日(日)
■会場:広島市立大学附属芸術資料館
■開場時間:10:00から17:00(最終日は15:00まで)
■入場無料

期間(11月4日~11日)が短い上、もう始まっちゃってるんで、行くの難しいかもしれませんが、もし時間の許す人がいれば是非。
広島市立大学って沼田町大塚(修道大やビッグアーチの傍)にあるんだけど、広島高速・西風新都線ができたので、バスセンターや横川駅からバスで15分くらいで着くらしい。便利になったもんだ。

詳しくはこちら↓
http://tenkuru.art.hiroshima-cu.ac.jp/otomo/

| | コメント (0) | トラックバック (0)