2008年11月30日 (日)

早起き、洗い物、朝食、そして原稿書き

ふだんの休日には有り得ない過ごし方。

今日はダンナが隣の市で朝イチから仕事。車で1時間程かかるため、8時前に出かける。ちうことで、ダンナ様を見送るために早起きする。(←大嘘) もとい、朝7時半に叩き起こされる。自力で布団から起きられるなら知らんぷりして寝てるのだが(コラコラ)、まだ介助してもらわないと起き上がれないので。ぐへー、眠いよぅ。早いとこ自力で布団から起きられるようリハビリしないと、たまらんな。

そんなこんなで、朝食の珈琲を淹れにキッチンに立つと、あらら、流しに洗い物が3日分(当社調べ)は溜まってますよ。うーん(^_^;)
朝っぱらから洗い物をして、珈琲を淹れ、朝食を食べ終わったら、この時間でした。わはは。

さて、ブログとサークル会報の原稿書きでもするかな。
先週の連休は、文章書き用テキストエディタO's Editorのライセンス切れ(Vista対応でライセンスコードが変わっていたらしい)対応やら何やらしていたら、本来するべき原稿書きほとんど進まず…。今日はちょっとでも進めたい。いや、進めないとまずいんデス。

今日の「たかじんのそこまで言って委員会」(サイト表示時に音が出ます)は、田母神元空幕を招いての国防議論らしい。海陸の出身者もゲストに呼ぶとか。
♪海陸空で海陸空で合体だー(違)

あ、洗濯もせねば。

そんなこんなをボーッと考えていたら、何かシアワセな気分になってきた。(^_^)
朝ちゃんと起きて、負担にならない程度の家事を片付け、旨い珈琲やお茶を淹れて飲み、楽しみにしているテレビ番組を見たり、趣味の書き物をしたりする。
こんな日が、自分にとって理想の休日なのかも。
7時半はちょっとアレとして、9時過ぎくらいには起きるようにしようかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月12日 (日)

あしか or Milk?

どっちが良いのかなぁ。

今年の春夏はいろいろと予定満載、一杯一杯で、スケジュール管理がなかなかできず。
パソコン画面上に貼れる付箋ソフトやGoogleカレンダーなんかを使ってみていたのだけど、やっぱりタスク管理ツールを導入したほうがいいのかなぁと思いはじめた。

てことで、検索してみて、無料で良さそうなのを2つピックアップ。

「あしか」は、はてなの進行管理手法から発生したもの。
ITメディアのこの記事あたりが分かりやすい。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0507/04/news036.html
あしか的手法は誰しも使ったことがあるはず。コピー用紙の裏なんかに“すること”をメモして、適当な分類ボックスに放り込む。その後、完了したら完了分類ボックスに移すか捨てる…ってな感じ。
明らかに目に見える、“見える化”(笑)。
はてなという会社の考え方には共感するところが多くて、感性が近いのかなとよく思うので、使ってみてしっくりくるような気がしてる。メモを放り込む箱がカップヌードルの空き箱ってのが、何とも言えない親近感……(カップ麺の箱買いって、よくあることさー)
はてなグループ(グループウェア)の一機能となっているけど、どうかな。とりあえず、自分だけのタスク管理ができればいいんだけど。

「Remember The Milk」
http://www.rememberthemilk.com/
タスク管理システムでネット検索してると、かなり引っ掛かってくる。
個人的管理に向く、小回りききそうな印象。
Googleカレンダーあたりとの連携もあるらしい。

さてさて、「あしか」と「Milk」、どっち?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月28日 (土)

作っても作っても♪

終わらないプログラム♪
コード完は遠く、テスト完了もっと遠く~♪
(アニメ「赤毛のアン」の曲で)

っちゅー感じの、この1週間でした。

今週月曜から実ジョブに入って、Javaプログラム1本の作成を任された…。
Javaの経験は1ヶ月くらい(しかも設計と合わせての期間だから、実経験はせいぜい半月。齧った程度だ)しか無いんだっちゅーの、と言ってあったはずなのに、「C言語の経験長いし、VB.netも経験あるから大丈夫でしょう。」とか言いくるめられて(笑)。
実際、Javaは解りやすい。昔ちょっとだけ使ったVC++に比べると、ずいぶんシンプルな感じがする。開発環境のEclipse(注)もいい感じ。すごく使いやすい。使い始めに抵抗があまりないってことは、よく考えられたツールなんだろうと思う。

ですが。
プログラムの作り方にその会社の“お約束”があって、この段取りを把握するのが大変。
“お約束”を作っておくことは良いことです。どんなレベルのプログラマが作っても品質に大きなばらつきが無いようにできるから。
でもね。
最初は何となくこうなんだろう程度の把握で作業するしかないもんだから、ちょっと作り込みしていると、げげげっ、こんな定義ファイルも要るんだったかーと突然気付く・・・ということの繰り返し。作業していく中で、自分が想像していたより作業量がどんどん増えて行くぞ。
まぁ、こうやって身に沁みて段取りを理解できそうなんで、逆にいいことかもしれない(苦笑)。

目的地は見えているが、途中の道が森に遮られて見えない。森に分け入り歩き始めてみたら、道はくねくね曲がりくねっていて、げっ、予想の倍の距離じゃんって感じ。
まぁ、体力と相談しつつ、がんばって歩いてみましょう。
大変そうなプロジェクトだけど、Javaはなかなか面白そうだし。

(心の声)うーん、2日までに目途つくかしらん。それが一番問題だ。

(注)リンク先の記事は少し古いのでEclipseバージョンが2.1.3になっていますが、日本語化パックの存在する最新バージョンは3.2.1のようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月27日 (火)

一仕事。

2月半ばに依頼された仕事を完了。
Webブラウザ上で動作するe-Learningの仕事で、当初はPHP+MySQLを使ってと考えていたところ、客先要望で既存e-Learningシステムを利用して作成することに変更。
初めて使うシステムなので、調査に時間かかるかな、要件が実現可能かなと心配だったが、そのe-Learningシステム「WebCT」がなかなかのスグレモノで、結果、PHP+MySQLよりはるかにラクチン・短時間で構築できた。
インターネット経由で作成・更新できるので、在宅ワークの作業インフラとしても良さそう。学校や公民館などの生涯教育のシステムづくりにもいいんじゃないかな。
世の中には、まだまだ知らないスグレモノシステムがあるもんだ。いい経験をさせてもらったなぁ。

作業ボリュームはさほどでも無かったが、客先の業務担当の方が超多忙人間、週の半分以上は出張で広島不在、データがなかなか来なかったり、メールで検証依頼しても返事が来なかったり、3月末締めでお願いしますと依頼されていたので、ちょっとドキドキした。
どこでもそうだと思うけど、業務って、仕事をこなす人に集中するんだろうな。忙しいのに申し訳ないと思いつつ、メールや電話などで催促を。気を悪くされてないか心配してたけど大丈夫だった様子。最終確認(検収)の話を電話した時、感謝のお言葉をいただく。在宅で仕事をすると、お客様とほとんど顔を合わせずに作業する訳で、コミュニケーションは気をつかう難しいものだが、その分、「ありがとう」の言葉をかけてもらえると本当に嬉しい。

ともあれ、昨日、請求書を送付して、作業完了。ホッと一息。

今回の仕事では、EastForest(イーストフォレスト)東さんの協力にも感謝です。ありがとう。(^_^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月17日 (金)

O's Editor2

開発系ではなく、テキスト処理ツールです。

友人が発行する同人雑誌に文章原稿を書くことになって、大慌て。
以前よく原稿を書いていた頃は、ワープロソフトOASYSで様々なレイアウトフォーマットを自作していて、それを使っていたのですが、今使っている新しいパソコンにはOASYSをインストールしていなかったことが判明!! うぎゃ(x_x)
絵を貼り込んだりする必要があれば止むを得ないけれど、文章だけだったらレイアウト機能が付いているテキストエディタの方が軽快でいいだろうと思って、フリーソフト・シェアウェアを探して、このエディタに到着しました。

作者は映画監督の小沼雄一(おぬまゆういち)さん。
「おぬまずエディタ」の略で「おずエディタ」なのかな。「小津安二郎」へのオマージュの意味もある?(考えすぎ?)

あらかじめフォーマットが決まった形で書く文章(原稿用紙、シナリオ、青空文庫入力校正など)を入力するには、かなり強力なツールだと思います。
いくつかのスタイル(フォーマット)が用意されていて、例えば原稿用紙スタイルを選択したら、あたかも原稿用紙に書いているかのように入力ができる、所謂WYSIWYGをエディタで実現しているのです。
しかも、画面イメージをそのまま印刷できる(WYSIWYGだから当たり前か)ので、原稿用紙イメージそのものをプリントできるし。
ワープロではなくテキストエディタなので、個別に文字を装飾したり、表組や枠内などに流し込んだりはできないけれど、スタイルは細かくカスタマイズできるので、ちょっとした文章原稿を書くには十分です。
自在にカスタマイズできるっていうのも、私好み。
これはいい。

一般的なエディタやワープロソフトを考えて使い始めると、最初ちょっと抵抗があります。でも、手に馴染み始めると、なかなか手頃に強力なツールになりそうです。
シェアウェアで30日間の試用期間を過ぎたら代金(2000円)を支払う必要があるので、とりあえず今回の原稿用に使って後は放置しようかなナドと思っていたけど、支払っちゃうかもしれません。

公式サイトはこちら ⇒ O's Page (http://ospage.jp/)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月30日 (水)

お〜!JAVA JAVA♪

・・・ってことで、先週から新しい仕事。
JAVAでんがな。
この年になって新しい言語覚えるのはツライーと思ったけど、CとVB.NETを足して2で割ったような感じ(この言い方もどうなのよ)で、そんなに違和感は無い。がんばれば何とかなるかな。
もっとも、設計するために覚えるので、実際のコーディングはプログラマーさんにお任せなのさ。だから、気楽におべんきょしましょーって感じ。
こんなんでえーんか?>オレ(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)