2008年12月15日 (月)

くさやとシュールストレミング、どっちがマシ?

風邪ひいたのかキンキン頭痛がして起き上がれなかったので、今日は仕事を休む。休んでる場合じゃないんデスけどね、この状態では仕事にならんです。
金曜夜からあっちこっち出歩いてたから(金曜夜:落語会、土曜午後:アニメ関係のセミナー、日曜午後:忘年会)、どこかで菌を拾ってきたのでしょーか?(笑)
子どもの頃から気管支が弱くて、風邪は持病の如く毎年当たり前にひいてました。風邪ひくと抗リウマチ薬が飲めなくなるから近頃はすいぶん気をつけるようになって、今年これまでどうにか過ごしてきたんですがね。ついにヤラレタ。

昨日、今年初めての忘年会がありました。
今年は声のかかった忘年会が悉く都合が合わず、飲み会好きの私にしては珍しく全て不参加だったので、初めてにして唯一の忘年会かも。

毎年恒例、友人で集まって、取り寄せしたり持ち寄りしたりの食べ物・飲み物を楽しむ、気の置けない忘年会。
ところが、だ。関東地方に転勤して参加できない友人が、トンデモナイものを送ってきやがった。

「くさや」

初めて食べましたが……。
以下、食事前・食事中の方は読まないでください!

臭いよ! 排泄物臭と雑巾臭の入り交じったような……とても食べ物から発する臭いじゃねーよ。
いや、素材の魚の味自体は旨いんだけど、食べた後に口中に残る臭いがウ○コでは。夜寝る前まで口の中に臭いが残留。歯磨きを念入りにしたのは言うまでもない。うげー。思い出しただけでも二度と食べたくないよぅ。
あの臭さ、いったん好きになると癖になるそうだが、私はゼッタイ癖にならんっ!

何年か前、世界で一番臭い缶詰と言われる「シュールストレミング」を食べる機会があって、あのときも、食べ物から発する臭いじゃねーよと思ったけど、あっちの方がまだマシだ。
と、そのとき忘年会の場にいた何人かに言ったら、あまり賛同を得られなかった。

確かに、それ自体から発せられる臭いの強度はシュールストレミングの方が強いかもしれん。Wikipediaによると臭気指数計とやらの計測では、シュールが8070Auで、くさやが焼きたて1267Au/焼く前447Auだそうな。
が、食べた後の不快感はゼッタイくさやのほうがヒドイと思うよ、私は。
うーん、臭いの成分というか、発酵のもとになる菌の組成というか、それへの耐性が個人によって違うのかな?
台湾の臭豆腐は全然平気だったなぁ。美味しかったよ。あれもダメな人はまるでダメらしい。
「もやしもん」や小泉先生の世界に入っていきそうだ。

ハッ! ひょっとしたら、今日シンドイのは、くさや後遺症なのか? なーんて(笑)
と、ブログを書ける程度には回復しました。明日からはガッツリ仕事します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月31日 (金)

今年のハロウィン

パンプキンマフィンと黒猫クッキー
特にこれと言ったことはしなかったのですが、アンデルセンでパンプキンマフィンと黒猫クッキー買ってみました。
旨かったっす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 1日 (水)

フロマジュリー・ピノ

フロマジュリー・ピノ(2)ということで、「フロマジュリー・ピノ」に寄ってみた。
岡山に本店があり、広島に少し前に支店を出されたらしい。
http://www.pinot-food.com/
段原の大通り沿い、ファミレスがすぐ前にあるわかりやすい場所。ただし、ちっちゃな喫茶店みたいな感じで、気をつけないと通りすぎてしまうかも。10席ちょっとのイートインスペースもあり、カフェ的にも使えそう。近所にあったらいいんだけどなー。
ネット上の評判では、「良い店なんだけど、場所がちょっと…」とのこと。確かに、微妙な位置なんですよね。街中からは外れているし、広島駅からも少しある。
個人的には「green coffee」に行ったついでに寄れるから便利です。というか、「green coffee」に行ったときは必ず寄ってしまいそう。もっとも、だいたい車で来るから、イートインでチーズ・ワインセットを頼むことができないのは哀しいかな?

フロマジュリー・ピノ(1)「みそ漬けチーズ」と「シャウルス(シャンパーニュの白カビチーズ)」を買ってみた。
ちょうどピーロートで注文したスパークリング飲み比べセットが届いた後なので、スパークリングに合うチーズってないかなと思って。みそ漬けのほうは日本酒のアテに。

切ったら、こんな感じ↓ ふんわり美味しかった♪
フロマジュリー・ピノ(3)
フロマジュリー・ピノ(4)
半分とってあるので、少し置いてまた楽しみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月21日 (日)

カープかつ

カープかつ
クライマックスシリーズに向けて、中日との直接対決三連戦!
19日のナイターを見に行った友達の家に集まって、持ち寄り飲み会を20日夜に開催。いや、急遽集まった訳じゃなくて以前からの予定だったんだけど、20日も大差で勝ったし、もう大喜びさ。

写真は20日午後にダンナがケータイ変更しに行った携帯ショップで「カープ応援クジ」をひいて当てた『カープかつ』。4等だったので「そうたいした景品じゃないだろうなぁ。」と侮ってましたが、飲み会に持って行くにもピッタリ。嬉しいアタリでした。しかも、ちょうどカープ勝ったとの情報が入って、ショップのおねーさん、本来1個のところを3個もくれた。ありがとう♪

実は、初めて食べたのです。こういうのって、なかなか買ってまでは食べないですよね。
もっとソース味のこってりした、いかにもジャンクな感じかなと想像していたら、そんなに油っぽくもないし、意外と食べやすかった。
友人情報によると、1個40円位らしいです。出張土産なんかにもいいかもしれないね。

行け!行け!三連勝!と期待してたけど、残念ながら日曜は負け。残念っ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月15日 (月)

何もない三連休

月の出を待つ、十五夜の夕空。お天気はもつかしら?
十五夜の夕空

1ヶ月チョイぶりの何の用事も入らない休日。
昼過ぎまで寝て、だらだら起きて昼食をとり、ネットなどして日がな一日過ごす・・・至福ですねぇ。
目眩めく8月も充実した良い日々だったけれど。

日曜夕方から、「崖の上のポニョ」を見に行く。
面白いじゃないですかー。
トトロとパンダコパンダ雨ふりサーカスを合わせたような楽しい映画。海の表現がとっても良いです。アニメーション!って感じ。
宮崎さんもようやく吹っ切れたか、「紅の豚」あたりから何か悩んで映画作ってたんじゃない?と思ってしまいましたよ。
ヴェネチア映画祭で賞を取れなかったのは、シンプルな作りなので仕方ないかもしれない。まぁ、審査委員長ヴィム・ヴェンダースをして「賞には選べないが、私はポニョの歌を永遠に歌うかも」と言わしめたそうなので、十分に評価されているのではないかと。

「スカイクロラ」は既に、どこの映画館でもやっていなかったよぅ。(/_;)

十五夜の和菓子映画館からの帰宅途中に月見の和菓子を買って、家に着いてみると、空一杯に雲が広がって、残念ながら名月は見えず。
中秋の名月?この写真は、深夜、少し切れた雲から見えた朧な名月。
夜中にアパート階段の踊り場で写真を撮っていたら、ケータイカメラのシャッター音がお隣さんに怪しまれてしまった。すみませーん。

よーじや紙せっけん夏のイベントのまとめも、ボチボチ。
って言いながら、夏のいただきものを見て逃避したり。(^^ゞ
これは、イギリス人形アニメーションイベント企画でお世話になって、アニフェスでお会いしたmidorikoさんからいただいたカワイイ紙せっけん。よーじやの模様が中身の紙にも透かしで入ってるの♪ 使うの勿体ないなぁ。こういう雑貨・小物って大好きです。

のんびり充電した三連休でした。明日からまたエンジンかけて行きましょう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年6月 7日 (土)

無茶なJAS法には反対する権利がある?

タイトルは某アニメの台詞をパクっております。解る人は笑ってね。

賞味期限改竄や生産地偽装の報道がされるたび、どうも納得いかないものを感じ続けていたので、覚え書きとして書いておきます。
以下は、私の個人的見解であることをご了承の上、読んでください。

・三輪素麺のメーカーが返品された商品の賞味期限を書き換えて再出荷していたという問題。
・広島の魚市場が中国・韓国船籍の漁船が九州に水揚げした魚を福岡県産と違法表示(通関手続きの関係で外国産表示にする義務がある)して売っていたという問題。

三輪素麺の場合は、「手延べ素麺は1年、2年寝かせた方が熟成するという昔ながらの考え方に囚われていた」というメーカーの談話(記憶で書いているので細かい表現は異なるかもしれません)を聞いたとき、思わず「そうだよねぇ」と相づちを打ってしまった。
もちろん、会社としての製品管理という点では、かなり如何なものかと思う。

昨今、JAS法の改定によって、特に地方の中小食品メーカーが意図せず違法とされるケースが増えていないか?
正直ベースで知恵を絞って長年続けてきた“ものづくり”が、食の安全、消費者のためという錦の御旗の下に蹂躙されていないか?
一律な管理監督のもとに“食に対する知恵”がどんどん消失していっている気がしてならない。背筋に寒気すら感じる。
昔ながらのやりかたを続けることが全て良いとは言わない。昔その地域だけの狭い範囲で流通していた物を日本中あるいは世界中を相手に売る時代になった今、変えるべきこともあるだろう。そして、変えるべきでないこともあるだろう。変えることはなにか、変えていけないことは何か。

広島の魚市場の場合は、「九州で水揚げされたものなので、福岡産と表示して問題ないと勘違いしていた」という、ちーと言い訳っぽい感じの談話も流れていたが、消費者としては「もし同じ海域で同じ魚を日本の漁船が獲って福岡に水揚げしたら福岡県産なのね???」と頭の中を疑問符が飛び交う。

そもそも、何のための誰のための法律なのか?
安全とは何か?

法律が無ければ、無法地帯になって、安心して日々の食生活を営むことすらできなくなるかもしれない。
けれど、法律が安全を全て保証してくれている訳ではない。

ニュースの口調も奇怪しい。
その改竄や偽装がどのように食生活への被害を与えるか十分考慮もせずに、ただただ呪文のように「改竄・偽装」と流せばウケルと思ってない? 最近のテレビ局、何も考えてないとちゃうの?
実際に体への被害があることなのか、そうではなく生産者としての姿勢に問題があることなのか、そもそも法律自体あるいは運用に問題はないのか・・・。下手な報道は風評被害を引き起こすのでは?
船場吉兆の廃業のニュースを見たとき(船場吉兆については申し開きできない事態として)、思慮の無い報道で小さな食品会社・飲食店が日本中で人知れず潰れて行っているのでは?と恐ろしくなった。

そういったニュースが流れたとき、報道口調に流されず原因をしっかり読み取って、自分の口に入るものは自分自身で責任をもって選択して買わなきゃならない。

[memologue]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月15日 (土)

木次パスチャライズ牛乳

木次パスチャライズ牛乳コーヒーフレッシュが無くなっていたので、帰省のとき買った木次パスチャライズ牛乳で代用。(温めてカフェオレとか面倒なことはしておりません(^^ゞ)
これ、半端なコーヒーフレッシュよりずっと美味いかも.。
近場のスーパーで木次パスチャライズ牛乳を売っている店を探さなければ。

ふと見ると、パックに「奥出雲の味覚」と。こんなの書いてあったっけな?

夜、積ん読になっていた『自主独立農民という仕事-佐藤忠吉と「木次牛乳」をめぐる人々-』を読む。
木次牛乳の設立者である佐藤忠吉さんの言行録で、読む“食べ物”とでも言おうか。

農業や食や地域の本として読む人が多いかもしれないが、私は、仕事のしかた、暮らしかた、生きかたを少し見つめ直した。
ほどよく拘り、ほどよく妥協。
自分の拠り所、自分の足の踏み場を見つめて生きること。
そして、常に、自分の頭と心と体で考えてみること。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月14日 (金)

確定申告が終わるとホワイトデーだった

桜のクッキー終わった、終わった、終わったー。
今年は2日間で終わりました。

今回は減価償却の改正あったし、個人的には損失繰り越しあったし、本やPC関連製品をネット購入することが多くなったのでカード決済を始めたし、どうなることやらと思っていたけど、想像していたより簡単に済んでしまった。
最近はグーグル先生に相談すると、何でも答えてくれますね。自分が悩んでいることは結構みなさん悩んでいることだったみたい。有り難う、先達の皆々様。

それと今年、気付いたこと。
確定申告書Bは、「やよいの青色申告」で印刷したものを税務署にそのまま提出できるのだった! 去年までは試し印刷して、それを見て手書きしていたのデス。あれって3枚複写なので、手首関節が不自由で力の入らない私にはとっても重労働だったのです。いつからできるようになってたのかなぁ? バージョンアップ・マニュアルはちゃんと読みましょうねぇ>自分(^_^;)

というわけで、税務署に提出し終わって、世の中はホワイトデー。
ダンナから先日アーリバードで買っていた「桜のクッキー」を改めていただきました。
あ、これってホワイトデー用だったのか。まぁ、私もバレンタインデーに、ダンナの目の前で買ったチョコレートをあげたので、人のこと言えないか。
桜餅のような、なんとも不思議な美味しさのクッキーでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年3月12日 (水)

和洋小菓子

和洋小菓子アーリバードのロッシェ&桜のクッキー、風流堂の路芝。

ひとつ口に入れるだけで、ちいさな幸せが心に広がるものはあるのです。
職人さんの手で丁寧に作られた、素朴な小菓子たち。
大切に食べよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月11日 (月)

日向夏のコンフィチュール2008

日向夏のコンフィチュールダンナ実家から走りの日向夏が届いたので、今年もコンフィチュール作り♪
レシピはこちらをクリック
レシピ記事の日付を見ると去年は22日に作ってる。今年は2週間近く早いんだなぁ。やっぱり暖冬なのかしら。

さすがに2年目、要領が解っているので段取りも万全、薄皮を剥くのをダンナに手伝ってもらったり、サクサクと準備が進みます。準備は実質1時間程度で済んでしまった。去年は足の調子が悪くて休み休みだったとは言え、3~4時間かかってたはず。それを考えると、すげーよ。
さてさて、お味の方は如何に? 一晩寝かせて、明日の朝、試してみます。

日向夏のコンフィチュール2・・・ということで、一晩明けて、ブランチのパンにコンフィチュール添え。
去年に比べて苦みも出てないし、イイ感じですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧