2008年11月30日 (日)

早起き、洗い物、朝食、そして原稿書き

ふだんの休日には有り得ない過ごし方。

今日はダンナが隣の市で朝イチから仕事。車で1時間程かかるため、8時前に出かける。ちうことで、ダンナ様を見送るために早起きする。(←大嘘) もとい、朝7時半に叩き起こされる。自力で布団から起きられるなら知らんぷりして寝てるのだが(コラコラ)、まだ介助してもらわないと起き上がれないので。ぐへー、眠いよぅ。早いとこ自力で布団から起きられるようリハビリしないと、たまらんな。

そんなこんなで、朝食の珈琲を淹れにキッチンに立つと、あらら、流しに洗い物が3日分(当社調べ)は溜まってますよ。うーん(^_^;)
朝っぱらから洗い物をして、珈琲を淹れ、朝食を食べ終わったら、この時間でした。わはは。

さて、ブログとサークル会報の原稿書きでもするかな。
先週の連休は、文章書き用テキストエディタO's Editorのライセンス切れ(Vista対応でライセンスコードが変わっていたらしい)対応やら何やらしていたら、本来するべき原稿書きほとんど進まず…。今日はちょっとでも進めたい。いや、進めないとまずいんデス。

今日の「たかじんのそこまで言って委員会」(サイト表示時に音が出ます)は、田母神元空幕を招いての国防議論らしい。海陸の出身者もゲストに呼ぶとか。
♪海陸空で海陸空で合体だー(違)

あ、洗濯もせねば。

そんなこんなをボーッと考えていたら、何かシアワセな気分になってきた。(^_^)
朝ちゃんと起きて、負担にならない程度の家事を片付け、旨い珈琲やお茶を淹れて飲み、楽しみにしているテレビ番組を見たり、趣味の書き物をしたりする。
こんな日が、自分にとって理想の休日なのかも。
7時半はちょっとアレとして、9時過ぎくらいには起きるようにしようかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月13日 (水)

夜中、雪ノ音ヲ聞イタ

しゃらしゃらと、細い金属片が擦れあうような音だった。
ああ、雪がひどく降っているんだ、音を立てるような乾いた雪だ、と思った。
起きて外へ出てみると、うすぼんやりした街灯に照らされて、瓦屋根に雪の薄化粧はあるが、降っている気配はない。

瓦屋根の雪化粧聞こえたと思った「雪の音」は、さて、何だったんだろう?
昔話や童話の世界、狐か狸に化かされたのか、妖精に悪戯されたのか、そんな奇妙な気分。

朝起きると、昨夜の瓦屋根は、雪化粧を少しだけ厚くしていた。
瓦屋根の雪化粧

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月29日 (水)

夏の終わり、秋の訪れ

蝉の羽根アパートの階段下の片隅に、蝉の羽根だけが残されていた。
足元に、夏の終わりの切なさ。

秋の雲見上げると、頭の上には、秋が来ている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月16日 (木)

送り火の日

お盆休みも終わり、今日から仕事。
広島市内は、とある教育関係イベントのために平和公園を中心に朝から夕方まで交通規制。知らずに午後出勤して通行止めに捕まり、車を職場のあるビル前まで寄せることができず、真っ昼間の直射日光の中を歩くハメに。たかだか5分か10分かそこらだけど溶け死にそうになって出勤してみると、休み明けでヒマヒマ。夕方6時半で仕事を上がる。

帰宅すると、京都の大文字のテレビ中継をしていた。
ああ、そうだ。今日は、送り火の日だ。

仕事仕事と日々に流され、そして田舎に帰省もせずにダラダラと休みを貪っていると、こういう心静かに過ごす夜のあることを、つい忘れがちになってしまうね。
そっと手を合わせた。

中越沖地震から1ヶ月、南米ペルーでも大きな地震が起きる。
国内最高気温40.9℃は74年ぶりの記録更新。“白い恋人”賞味期限改竄。
六者協議(非核化作業部会)始まる。世界的株安。
さまざまなニュースが飛び交う、今日。月は、三日月。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月24日 (火)

空気が入れ替わって

夏が来た。

仕事帰りに居酒屋に立ち寄って、深夜帰宅の道すがら。
くぅくぅイビキをかいて、閉店後の八百屋の店頭、みかん箱の上で寝込んでいるやつ。
ひたひたニヤリ、空を見上げて、巡回中のやつ。
猫さんたちが、夜の道々に、あふれているよ。
しとしとじゃばじゃば梅雨の間は、猫さんたちは、何処にいたんだろう。

猫の瞳には、梅雨明け湿気が落ちて澄みきった空の星が映っているのかな。
季節の移り変わりを、猫に見る。

どいつもこいつも、通りすがりの酔っぱらい人間なんて気にもかけやしない。
人は人で、涼やかな深夜の空気が心地よい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)