2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のコメント

最近のトラックバック

フォト蔵 drinkアルバム

[妖しいドリンク]フォトアルバム

  • V9041500
    「妖しいドリンク」ブログで使用している写真のアルバムです。

Books(茶の本)

Books

  • 自主独立農民という仕事
  • 天文台日記 (中公文庫)
  • 総合科学!? シンポジウム・ライヴ
  • 塩野七生ルネサンス著作集5 海の都の物語(上)
  • 塩野七生ルネサンス著作集5 海の都の物語(下)

Books(Computer)

  • UNIXという考え方

Books(マンガ・アニメ)

  • この世界の片隅に(上)
  • この世界の片隅に(中)
  • この世界の片隅に(下)
  • 夕凪の街 桜の国
  • 長い道
  • さんさん録 1
  • さんさん録 2

カテゴリー「ミネラルウォーター」の9件の記事

2008年10月26日 (日)

ミネラルウォーターの記録

ミネラルウォーターの数値データ一覧表は、
こちら ⇒ [ミネラルウォーターの記録]

2005年9月11日 (日)

台風14号その後

何だかブログの内容に合わないタイトルですが。

先日の台風14号で、宮崎市にあるダンナの実家が床下浸水の被害にあいました。近所は床上浸水、一番酷い所は一階ほとんど浸かったような家もあったそうで、「回りに比べたら運がいいほうよ。」と電話の向こうで義母は言うのですが、床下浸水と言っても、床上ギリギリセーフ(?)な床下だったらしく、畳は全部上げて乾燥させなきゃならない状態とのこと。
貯水池も浸水し、水道が断水して自衛隊が給水してるとのニュースを聞いたので、『地奨水』パックでも送ってあげようと思い立ち、電話をすると、「うちは平地だから断水はしてないよ。飲み水は前から温泉水を買って使ってるから大丈夫だよ。」という話。
そう言えば、お義父さんが水割りに箱から水注いで使ってたなーと思い出す。

ミネラルウォーターを買うのもだいぶ一般化してきているけれど、普段から買っておけば、こういう災害の時にも心強いなと思った次第。

飲み水は大丈夫でも、片付けや復旧はまだまだこれから。手伝いに帰れなくてごめんねと、心の中で手を合わせます。

台風災害にあった市町村のURL掲載しておきます。
■宮崎県宮崎市 http://www.city.miyazaki.miyazaki.jp/
■宮崎県椎葉村 http://www.vill.shiiba.miyazaki.jp/
■山口県美川町 http://www.ymg.urban.ne.jp/home/kajika/
■山口県岩国市 http://www.city.iwakuni.yamaguchi.jp/
※このほか、宮島でも厳島神社は大きな被害が無かったものの、山側の町家通り、大聖院が泥流被害を受けたそうです。

2005年8月18日 (木)

電解還元水

今行っている職場にお付き合いで、日本トリム という会社の整水器のデモに参加してきました。関連の会社が代理店だったりとか、そんな理由なんじゃないかなと思うんですが。賑やかし人数ってことだね(^^ゞ
定価で20万円台の豪華整水器で、その整水器を通した水(電解還元水)をいただいて、営業の説明を聞くとゆー。.

電解還元水は、まろやかな感じで美味しうございました。

しかし、あのセールストークはちょっと如何なものかと。
整水器を通すと“活性水素”を含んだ水になり、これを飲むと体内の活性酸素と結合して排出されるとか何とか、そんなふうなトークでした。
活性酸素とかの健康ネタは、「あるある」みたいなテレビ番組大はやりの現在、ツカミとしてはいいんでしょうけど、全編これツカミだらけってトークもちょっとねぇ。(^_^;
一番大爆笑した(心の中で)のは、生茶を入れたメスシリンダーに電解還元水を加えると色が濃くなるという実験で、「お茶の中にかすかに残っている目に見えない大きさの茶葉の中に水が浸透して、お茶を抽出してるんだ」っていう説明でした。おいおいー。ヾ(--;)

機械自体はきちんとした機能を持ったものかもしれないんですけど、あのトーク聞いたら、客は「マユツバ?」って引いちゃいますよ、営業のお兄ちゃん。
安いものでは無いので、あの手この手で営業かけないとなかなか売れなくて大変なのかなぁと、ちょっと同情してしまいましたが・・・。

2005年8月16日 (火)

朝1杯の水の効能

お盆休みも終わって(と言っても2.5日しか無かったから、ちょっと長めの週末って感じ(^^ゞ)、夏も後半戦。
さてー、本格的に夏バテの季節だ。・・・と、普通こういうべき季節なのですが、今年は梅雨入った頃から異常気象で、もう、6月終り頃から延々夏バテしてる感じです。

それでも、最近ふと気づいたんだけど、午前中ちょっとスッキリした感じ。
7月頃には午前中一杯くらいずっと熱っぽくてボーっとしていたり頭が重かったりで、仕事をマトモにできるのは昼からという感じもあったのですが、それが軽くなったよう・・・。
朝、起き抜けに地奨水を1杯飲むようにしてるおかげかな?

それまでは、朝食抜きは当然のこと、水1滴摂らずに出勤して、職場についてコーヒー淹れてカフェイン&糖分で体を強制起動って生活だったからねー。

2005年8月 9日 (火)

水分を摂る

朝起きてまず、冷蔵庫を開けて、地奨水を飲む。
渇いた体に水がしみわたる・・・。体で旨いと感じる。水分を摂るってこういうことなんだと、しみじみ思う。

安全な水を飲めない人が世界中にはいくらでも居る今。
旨い水や、きちんと作られたお茶や珈琲を買うのは贅沢なことなのかもしれない。でも、だからこそ、良いものをしっかり味わう心を持っていたいと思う。

2005年8月 7日 (日)

自宅で水出し

05-08-07_17-28「地奨水」を使った、職場での瞬間水出しに失敗して反省した私は、予告通り(笑)ちゃんと時間をかけた水出しに挑戦したのでした。
結果、大成功!
使ったお茶は台湾の烏龍茶「佛手」という種類。香ばしくてお湯で入れても美味しいお茶なのですが、水出しすると苦みもなく甘ーいうっとりするような味が出ました。
前回、緑茶で失敗したので(緑茶はやっぱり渋味がある方が美味しい!)、今回は烏龍茶を選んだのも正解かな。
水のチカラもあるんでしょうねー。
【作り方】
(1)烏龍茶の茶葉を約3g、地奨水500mlペットボトルに放り込む。
(2)6〜12時間(お好みの濃さになるまで)冷蔵庫に置く。
(3)できあがり。
・・・おーい、それだけかい!って位カンタンにできます。

夜寝る前に仕込んでおいて、朝には完成。そのまま職場に持っていけば、コンビニや自販機で苦い烏龍茶なんか買う必要なし!(自画自賛)
地奨水のミネラルバランスのせいかなと思うんですが、茶葉をそのまま入れっぱなしにしておいても、苦みが出ることはなかった。

05-08-07_17-31放り込んだお茶の葉は、飲む前頃にはこんなに広がって、ゆったり水の中にゆらぎます。
飲み切るか茶漉しで別のペットボトルに移して、新たに水を入れて今度は約24時間冷蔵庫に置くと、二煎目のできあがり。少し味は薄くなるけど、まだまだ美味しい。

【自家製の水出し茶を作る時の注意】
(1)プーアル茶や煮出し用の安い烏龍茶は水出しには使わないこと。
(2)作ってから1日以内に飲みきること。(冷蔵庫に保存してもせいぜい2日以内まで)

2005年8月 2日 (火)

韓国の水

前に書いた韓国のミネラルウォーター「地奨水」、実はパック単位で貰ってて、そういう訳で、職場に持って行って水出しに使って失敗したりしてる訳です。
もちろん、ふつーにそのまま飲んだりもしてます。
「便秘や高血圧にいいらしい」ってことで、その効能が逆に困る体質の私としては、お通じが良くなり過ぎたり血圧下がりすぎて朝起きれなくなったら(今でも朝は大の苦手なんだが(^^ゞ)困るなぁと心配していたのですが・・・。
さすがに薬ではないのだし、コントレックスみたいに物凄い硬度の水じゃないんだし、いらん心配でした。
近頃、腎臓の調子が悪いので(検査で引っ掛かっちゃった(^_^;)、ちゃんと水分取るのは大切だ。

2005年7月28日 (木)

職場で水出し

お茶ネタなので、本来「今日飲んだお茶」に書く記事なのですが、前記事の「地奨水」を使ってみたので、こちらに。

職場でも必ず毎日一杯は、お茶は茶葉から、珈琲は豆を挽いたものから淹れて飲んでます。ほんの少し時間はかかるけれど、やっぱり茶葉や豆から淹れる時に立つ香り、淹れている時間の和みの気持ちは、何にも変えられないくらい素晴らしいです。
ただねー、こう暑いと冷たいものが飲みたいので、ついついコンビニに走っちゃうんですねー。
そこで、ふと思いつき! 家では水出し中国茶・水出し日本茶を作っていて、あんなに美味しいんだから、職場でも茶葉に水注いでみたらいいんじゃないの? って。
05-07-28_12-39やってみました。
蓋碗(中国茶の茶器)に茶葉を入れて、地奨水を注ぐ。5分・・・まだ味が出ていない。15分・・・うーん薄いかなー。待つこと30分・・・結論=失敗ですー。(>_<)
味は薄いし、お茶らしい渋味が全然出てなくて、間の抜けたような味。とほほ。
まぁ、家で水出し茶作る時って、4〜8時間くらい漬けておいて初めて味がちゃんと出るので、30分くらいじゃ、ほんとに一部の味成分しか出せないのかも。容量が少ないから何とかなるかなと思ったんだけど、甘かったー。

軟水を使ったら、もう少しは味が出たかもしれないけれど、たぶん五十歩百歩な結果でしょうね。
地奨水、実験台にしてごめんよー。今度は家でちゃんと水出しするのに使うからね。(^^ゞ
ちなみに、写真のうなぎ手巻寿司はお昼ご飯の一部。土用の丑の日なので、つい買っちゃいました。

2005年7月25日 (月)

地奨水

東海薬泉谷 地奨水 東海泉水CO.,LTD
DongHae YakChenGol GI JANG SOO Natural Mineral Water
 DONGHAE WATER CO.,LTD

知り合いから変わったミネラルウォーターを手に入れました。
変わった…とゆーか、韓国のミネラルウォーターなんだけどね。採水地・東海薬泉谷は韓国の東側の方で、黄土層を通った水とのこと。そこの水は昔から「毒消しの水」として知られているとか。
知り合いの話では「便秘や高血圧にいいらしいよ」・・・どっちかというとお通じも良過ぎる方だし、血圧も低い方なんだが、ま、いっか。
「毒消し」とまで言うのはちょっとアレとしても、ミネラル含有量などでお通じが良くなったりということはあるんだろう。
検索してみたら、NHKで放映している韓国大河ドラマ「宮廷女官チャングムの誓い」でもチラッと出てくるみたい。

成分一覧は、「ミネラルウォーターの記録」の方に載せてます。
硬度がだいたい130位なので中硬水ってところですが、思ったより口当たりがよくて、スルスル飲める! まるーい感じの味がします。
飲むためのミネラルウォーターって、個人的には硬度100位が好みなので、ちょうど良いかも。

応援します! アニメーション文化の街・広島

recommend & affiliate

  • マクロミルへ登録
  • A8.net(無料会員登録)

さと’Web Site

無料ブログはココログ