« 「夏に麦茶ごくごく、はなんで理にかなってるのか」への総合的考察(1) | トップページ

2014年9月21日 (日)

レモン***という名前のハーブ

今年の春からハーブティをやたら飲むようになって、単品のドライハーブをいろいろと購入している。
その中で、名前に「レモン***」とつくハーブが結構多いことに気づく。結構多いと言っても、数限りないハーブの中ではごく一部なのかもしれないが、ハーブティに使うものの中では割と目立つ。

レモンの香りのするものってことなのだろう。確かにレモンの香りは印象に残るし、効能もありそう。
そもそも原産地も科も違う植物だろうに、何故レモンの香りをまとうのだろう? 香りの成分もいろいろあるかも? と気になって調べてみることにした。

まずはリストアップ。
分類はとりあえずWikipediaからコピペ。その他の情報はハーブ関係サイトをいろいろ。

●レモングラス
 Lemon grass (Cymbopogan citratus)
 イネ目イネ科オガルカヤ属の多年草
  植物界 Plantae
  被子植物門 Magnoliophyta
  単子葉植物綱 Liliopsida
  イネ目 Poales
  イネ科 Poaceae
  オガルカヤ属 Cymbopogon
  レモングラス C. citratus
 原産:インド~東南アジア(種類による)

●レモンバーム
 Lemon balm (Melissa officinalis)
 シソ目シソ科の多年草
  植物界 Plantae
  被子植物門 Magnoliophyta
  双子葉植物綱 Magnoliopsida
  シソ目 Lamiales
  シソ科 Lamiaceae
  コウスイハッカ属 Melissa
  コウスイハッカ M. officinalis
 原産:南ヨーロッパ、またはヨーロッバ・中央アジアとも。

●レモンバーベナ
 Lemon verbena (Aloysia triphylla)
 クマツヅラ科の落葉低木
  植物界 Plantae
  被子植物 angiosperms
  真正双子葉類 eudicots
  コア真正双子葉類 core eudicots
  キク類 asterids
  シソ類 lamiids
  シソ目 Lamiales
  クマツヅラ科 Verbenaceae
  コウスイボク属 Aloysia [1]
  コウスイボク A. citrodora
 原産:アルゼンチン、チリ、ペルー。17世紀にスペインによってヨーロッパに。

●レモンタイム
 Lemon thyme (Thymus x citriodorus)
 シソ科イブキジャコウソウ属 (Thymus) の植物の総称、多年生小低木
  植物界 Plantae
  被子植物門 Magnoliophyta
  双子葉植物綱 Magnoliopsida
  シソ目 Lamiales
  シソ科 Lamiaceae
  イブキジャコウソウ属 Thymus
 原産:ヨーロッパ、北アフリカ、アジア
  ※分類はタイム全般のもの

●レモンマートル
 Lemon myrtle (Backhousia citriodora)
  植物界 Plantae
  被子植物門 Magnoliophyta
  双子葉植物綱 Magnoliopsida
  フトモモ目 Myrtles
  フトモモ科 Myrtaceae
  バクホウシア属 Backhousia
  B. citriodora
 原産:オーストラリア?

【参考サイト】
http://www.myherb.jp/
http://www.yasashi.info/
http://www.weblio.jp/category/nature/skbzk/re
http://krauter-haus.seesaa.net/article/319208717.html
https://www.sbfoods.co.jp/herbs/back/0404/square/index.html

|

« 「夏に麦茶ごくごく、はなんで理にかなってるのか」への総合的考察(1) | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16870/60352031

この記事へのトラックバック一覧です: レモン***という名前のハーブ:

« 「夏に麦茶ごくごく、はなんで理にかなってるのか」への総合的考察(1) | トップページ