カテゴリー「ムダ知識」の6件の記事

2014年7月20日 (日)

「夏に麦茶ごくごく、はなんで理にかなってるのか」への総合的考察(1)

大昔のH大学SG科学部の卒論で流行ったタイトルみたいだな。
それはともかく、茶友・寺本紫織さん(温泉茶家元)がそのような記事を書いておられた訳です。
「夏に麦茶ごくごく、はなんで理にかなってるのか」

夏に麦茶は旨いし、きちんと麦を焙煎したものをやかんで煮出したやつなんかもうたまらん。そこは諸手をあげて認めます。

ただ、“麦茶は焙煎してあるから体を冷やさないんだって”というところから始まったもろもろの議論。
お茶が体を冷やすと言われるのはカフェインが主な原因ではないか、焙煎するとカフェインが減る、だから冷やさない。
……なんか微妙に違う気がする、と思った。
ただ、そこからが茨の道だ。ひとつひとつ紐解いていこうとすると、ひとつひとつの背景にあるものがどんどん気になってくる。

まだ全ての解決の道は見えないものの、現状で整理をしておこう。

ここに含まれる疑問点:

  1. 麦茶はそもそもカフェインを含まないので、焙煎してるからカフェインが少ないってことはないのでは?

  2. 焙煎するとカフェインは劇的に減るものだろうか?
    ※自分がこのブログで過去に考察していたことが判明(^^;)

  3. お茶は体を冷やすと言われるが、発酵度の高いお茶(特に紅茶)は温めると言われる
    ※東洋医学(中医、漢方等)では発酵したものは体を温めると考えるらしい。それ故か?(要出典確認)

  4. 紅茶と緑茶のカフェイン含有量はそんなに大きく変わるものではない
    参考:カフェイン|お茶の成分と健康性|お茶百科 (伊藤園)

  5. お茶が体を冷やすと言われる主要原因がカフェインとは単純には言えないのでは?

  6. そもそも体を冷やすとはどういうことだろう?

  7. 体とはどこを指すのだろうか?

Facebookでの議論の過程で、大阪大学の寺田健太郎先生からとても興味深いレポートを教えていただいた。
▼シゼコン自然観察コンクール 第43回入賞作品 中学校の部 文部科学大臣奨励賞
 「38℃の日は暑いのに38℃の風呂に入ると熱くないのはなぜか」
深部温と皮膚温と外気温の差か! 「体を冷やすとは」に対して、なにかヒントになりそう。


いまのところの途中経過としては、

  • そもそも夏なんだから体を冷やす方が生命維持にとって必要なのではないか

  • 夏場はしっかり水分は補給する必要はあるが、冷たいものばかりを飲んだりカフェインなどの刺激物を含む飲料で内臓に負担をかけて体調を崩すようなこと(お腹こわして下痢するとか)になると血流や水分代謝に悪く、体に熱が籠もって逆効果な危険もあるのではないか

というところ。

まだまだ考察は続く…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

茶に含まれる成分についての調査メモ

カテキン、カフェイン、テアニン、重合ポリフェノール等々。
とりあえずブックマークなので、それぞれに書いてあることが全て正しいと考えている訳ではありません。

▼Wikipedia カテキン
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%86%E3%82%AD%E3%83%B3

▼Wikipedia カフェイン
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%83%B3

▼Wikipedia テアニン
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%B3


■カテキン|お茶の成分と健康性|お茶百科 (伊藤園)
http://ocha.tv/components_and_health/benefits_greentea/catechin/

■「ガレート型カテキン」とは? | 2つの働き カテキン緑茶 (伊藤園)
http://www.itoen.co.jp/catechin/gallate/index.html

■お茶の成分で最も注目されるカテキン|お茶ミュージアム|お茶の情報がギュっと詰まったウェブ博物館 (静岡・お茶の市川園)
http://museum.ichikawaen.co.jp/health/catechin.php

■お茶を科学する「竹林茶屋」 お茶に含まれる成分と含有量
http://homepage2.nifty.com/chikurin-chaya/chemical/components/componets.htm

□日本紅茶協会 | 紅茶と健康
http://www.tea-a.gr.jp/health/

□お茶の効用 > 紅茶の成分について (SEASONTEA)
http://www.seasontea.jp/effect_of_tea/kocha_no_seibun.html

□飲み物のカフェイン含有量一覧「コーヒー」「紅茶」「お茶」など (berry-counseling.com)
http://www.berry-counseling.com/1362/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 4日 (火)

神農は毒物ハンター?

今日の「爆笑問題のニッポンの教養」は、FILE082:「ヒトと毒薬」(日本薬科大学・船山信次教授)でありました。
確認できなかったんだけど、研究室の書架にどーも中国茶マグカップと思われるものが飾ってあったのだが…。気のせいか?

それはともかく、ふと思ったことに、人間が太古より毒を利用することで生命を長らえてきたのだとしたら、中国茶の茶の祖と言われる神農も、ひょっとしたら、「食べられる植物を人間に教えてくれる神様」ではなくて、その実、「人間が生きるために便利な毒を探し求めた神様」なのではないかと妄想。

カテキンだって、抗菌作用があるってことは、ある種の生物にとっては毒だよね。
人は毒を癒しや快楽に転用して生命を長らえる生物なんだろうか?(^_^;)

船山先生の本を読んでみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 1日 (木)

「お茶の日」と「紅茶の日」

昨日は「お茶の日」
今日は「紅茶の日」だそうです。

mixiの日本茶インストラクターコミュニティと、午前10時午後3時プログで知りました。

「お茶の日(日本茶の日)」は、鎌倉時代に栄西禅師(「喫茶養生記」を書いた)が中国から茶の種子を持ち帰り、佐賀の脊振山に植えた日(1191年だそうなので、ぎりぎり平安時代?)、
「紅茶の日」は、江戸時代に大黒屋光太夫がロシアで日本人として初めて紅茶を飲んだ日だそうです。

どっちも「見たんかー!」とツッコミ入れそうになっちまいますが(^_^;)
1日違いっていうのは偶然なんでしょうけど、いいですね。

「中国茶の日」っていうのは、決めるの難しそうだなー。
神農がお茶の葉を食べるのが間に合わなくて亡くなってしまった日・・・って、昔過ぎて判らないよ。(~--)/(^^;)

▼「さがファン」の記事
http://blog.sagafan.com/feature/archives/2006/05/post_9.html

「佐賀県の検索&コミュニティ☆さがすばんた」の記事(うまかもん-うれしの茶)
http://www.sagasubanta.com/sagayoyo/umakamon/ureshino/

▼日本紅茶協会ホームページの記事
http://www.tea-a.gr.jp/knowledge/tea_day/index.html

(いずれも“日”とまでは書いてませんが・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月22日 (水)

吟醸香と雑巾臭

酒の話で恐縮です。
前々から、大吟醸酒など香り高い酒の匂いと雑巾の臭いって、よく似ているという気がしてならなかった。
大吟醸酒をしばらく置いておくと雑巾臭のような臭いになる…というのが正確なのだが。
私の鼻っておかしいのか?

で、暇にまかせて検索してみた結果のメモ。
確認途中につき、正確でない情報もあります。
----------
ジアセチル臭(ツワリ香)

ジアセチル:C4H6O2
 糖からアルコールに至る過程の中間生成物。
同じく中間生成物のピルビン酸が酸化してできる?
吟醸酒にはピルビン酸が多く含まれる?

ワインにも含まれる。
ワインの方ではバター臭(バターを温めた時の臭い、発酵バターの臭い)とも。
少ないと香りを豊かにするが、多いと不快臭。
----------
吟醸香
酢酸イソアミル:分子式 C7H14O2、示性式 CH3COO(CH2)2CH(CH3)2
カプロン酸エチル:分子式 C8H16O2、示性式 C5H11COOC2H5
----------

吟醸香イコール雑巾臭では無いが、ジアセチル臭が十分に取り除かれていない場合、吟醸香が立った後に臭ってくるってことなのか?
酒にしても茶にしても、香りって、生き物が醸す化学変化の妙。

データや理屈で酒を飲むな、楽しんで飮め!とは思うけれど、酒に対して自分自身で感じた感性をデータで裏付けすることで楽しみ方が広がることもある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 2日 (火)

夏も近づく八十八夜

…っていうのは、文部省唱歌「茶摘」の出だしですが、

夏も近づく八十八夜
野にも山にも若葉が茂る
あれに見えるは茶摘じゃないか
あかねだすきに菅の笠

さっき、NHKで、コレの二番を聞いてびっくり!
日和つづきの今日この頃を
心のどかに摘みつつ歌う
摘めよ摘め摘め摘まねばならぬ
摘まにゃ日本の茶にならぬ

こんな歌詞だったんですね。(^_^;)
「心のどかに」って言ってるのに続きで「摘めよ摘め摘め摘まねばならぬ」とわ!
労働の歌には、こういう、どこかスゴイところありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)