2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

Books

  • 自主独立農民という仕事
  • 天文台日記 (中公文庫)
  • 総合科学!? シンポジウム・ライヴ
  • 塩野七生ルネサンス著作集5 海の都の物語(上)
  • 塩野七生ルネサンス著作集5 海の都の物語(下)

Books(Computer)

  • UNIXという考え方

Books(マンガ・アニメ)

  • この世界の片隅に(上)
  • この世界の片隅に(中)
  • この世界の片隅に(下)
  • 夕凪の街 桜の国
  • 長い道
  • さんさん録 1
  • さんさん録 2

Books(茶の本)

カテゴリー「-アニメーションビエンナーレ」の18件の記事

2008年8月 3日 (日)

広島アニメーションアカデミー2008 vol.4『安彦良和~70年代のアニメとガンダム』

公開講座案内ポスター4
安彦良和さん

2008年7月13日 (日)

広島アニメーションアカデミー2008 vol.2『今 敏~十年の土産』

公開講座案内ポスター2広島市立大学芸術学部公開講座「広島アニメーションアカデミー2008 vol.2」に参加してきました。
(写真は終了後の片づけ途中で無理やり写させてもらった講座案内ポスター。上半分は剥がし始めていたので押えてもらって撮影。だから手が写ってます。スミマセンでした~)

今回の特別講師は、「千年女優」「パプリカ」等の監督である今 敏さん。
大変申し訳ないことではあるのですが、私は今さんの監督としての作品を見たことがありません。ここ数年、足悪くして映画館なんぞ行くことがなかったので。(DVD借りるとかして見ろよって話もあるが…(^^ゞ)

しかし、どんな作品を作る人なのか先入観が無く聞けたのは、逆に良かったかもしれない。
“実”のある、しっかり心に響く言葉を吐く人だなぁと感じたのです。そして、軽やかな、拘りのない考え方をする人だなぁとも。
年が近いせいもあるんでしょうか、語る内容のひとつひとつ、語り口に、とても共感したセミナーでした。これだけメモをたくさん書いたセミナーも久しぶり。TRONの坂村先生のセミナー以来か。

って、一番共感したのは、「スケジュール崩壊」って言葉かな。(^_^;)
それって、アニメ業界だけぢゃなくて、ソフトウェア業界でもおお有りですよ。
この言葉が私にとっての“ツカミ”になってしまって、監督の話をひとつひとつ自分の立場に置き換えて考えていたのも、共感しまくりの理由だったのかもしれない。

とりあえず、自分的にこれは!と思ってメモした言葉を以下に。
◎スケジュール崩壊
◎不幸、みんな少しずつ悪い
◎作ったモノが全て。作ったモノが仕事を呼ぶ。
◎やりたいことは無かった
◎やることになったものをやりたいことに仕立てる
◎関係性、発見
◎理想や自己は変化・変容する
◎安い言葉づかい
◎これまでやってきたことが、やりたいことを要求する
◎良き偶然がやってくる作品(createでなくgenerate)
◎解釈を仕事に対してし続ける
◎異質なものを組み合わせて調和(共存)させるやりかた

おいおいレポート完成させますので、気長にチェックしていただけたらと。

2008年6月 1日 (日)

変形合体せよ!広島市立大学

広島市立大学芸術学部公開講座「広島アニメーションアカデミー2008 vol.1」に参加してきました。
詳細レポートはまた後程。とりあえず、ラレコ先生もびびった(本人談)という、超綺麗な市立大学キャンパス写真を。いやー、私もびびりましたよ。新しい学校は綺麗でいいなー。
しかし、あの校舎デザインの痛快さ! 市立大学には映画やアニメ制作サークルとか無いのか? 私が学生だったら、絶対特撮映画を撮っちゃうよ! 芸術学部をちょっとCG加工したら、グランドバースの人形フォーメーションみたいじゃん。(失礼)

▼講堂(こちらの小ホールで開催)
広島市立大学講堂

▼公開講座案内ポスター(ってか構内広々しすぎ)
公開講座案内ポスター

▼芸術学部棟(歩き出して迫撃しそうだ)
芸術学部棟

▼情報科学部棟・国際学部棟(変形合体しそうだ)
情報科学部棟・国際学部棟

「広島ブログ」に参加しています。
↓クリックしてね。
広島ブログ

2008年5月31日 (土)

広島アニメーションアカデミー2008 vol.1『やわらか戦線異常なし』

日付的にはもう明日になります。寸前の記事でスミマセン。

広島市立大学芸術学部公開講座「広島アニメーションアカデミー」(広島経済同友会アニメーションビエンナーレ基金の寄付講座)、2008年の第1回が、6月1日(日)に開催されます。
ネトアニ(ライブドア・ネットアニメ)でブレイクしたFlashアニメの制作者ラレコ氏を講師に招いて、『やわらか戦線異常なし~超人気フラッシュアニメ「やわらか戦車」誕生の秘密~』と題しての講演会。

ビエンナーレ事務局に確認したところ、特に事前申し込み等も必要ないようです。(今更ですけど(^_^;))

『やわらか戦車』広島に退却だ!
てことで、私も参戦退却してまいります。

■日時■ 平成20年6月1日(日)13:30~16:00 
■場所■ 広島市立大学 講堂 小ホール
■講師■ ラレコ
■定員■ 150名
■入場料■ 入場無料
■問合せ先■
 ・広島市立大学芸術学部デザイン工芸学科メディア造形研究室
   TEL 082-830-1591
 ・広島経済同友会アニメーションビエンナーレ基金
   TEL 082-249-8901

交通手段など詳しくは広島市立大学のサイトで。
http://www.hiroshima-cu.ac.jp/

アニメーションビエンナーレのサイトにも「アニメーションアカデミー2008」の情報が掲載されています。
http://www.hiroshima-animation-biennale.jp/

上記サイトに今後の予定が書いてあるんデスけど・・・おおおおおっという方が講師にっ!

「広島ブログ」に参加しています。
↓クリックしてね。
広島ブログ

2008年5月 4日 (日)

フラワーフェスティバル「アニメひろば」速報

今日のフラワーフェスティバル「アニメひろば」の様子を写真速報でお送りします。
(ボランティアでお手伝いしてます)

▼パラパラアニメ体験(アニメーションフェスティバル・スタッフ担当)
 メモ帳とペンさえあれば簡単にアニメが作れるよ!
パラパラアニメ

人気者
「私を目印に来てくれ!」…と言っているかもしれません。
▼クレイアニメ体験(アニメーションビエンナーレ・スタッフ担当)
 小麦粉粘土でキャラクターを作ってパソコンで簡単クレイアニメ!
 CLAYTOWNというソフトを使います。
クレイアニメ

原則として中学生以下の子供さんが対象ですが、最初は見ていたお母さんもお子さんと一緒にキャラ作りにハマってしまったり。(^_^) 家族みなさんで楽しめます。
傑作アニメ続出!
明日もやってます。天気崩れそうだけど、雨は降らないで~。

場所は平和公園ブロック21番ブース。平和の門のすぐそばです。

2008年4月27日 (日)

GWはひろしまフラワーフェスティバルで君もアニメ体験!

世の中は既にGW(ゴールデンウィーク)に突入しているそうですが、私は30日まで仕事です。しかも、29日は5月2日に振り替えるため出勤ですよぅ。(まぁ、カレンダー通りよりはヘンな飛び石にならないからマシかも)

それはともかく、GWと言えばフラワーフェスティバル!
今年はきりの良い第32回ですよ!(この数字をきりの良いというのは職業病(^^ゞ)

「広島アニメーションビエンナーレ2008」も、「アニメひろば」と題したブース出展します。
日程は、5月3日~5日 10:00~17:00
場所は、平和記念資料館ど真ん前あたりの平和大通り南側。
・今夏開催「アニメーションビエンナーレ2008」「第12回広島国際アニメーションフェスティバル」の紹介
・中学生以下対象の「パラパラアニメーション」「クレイアニメーション(粘土アニメ)」のワークショップ

ご家族みなさんでいらっしゃって、広島のアニメーションを楽しんでくださいね。

詳しくはこちら⇒ 広島 アニメーションビエンナーレ 最新トピックス
フラワーフェスティバル詳細はこちら⇒ ひろしまフラワーフェスティバル公式ガイド

2008年4月10日 (木)

「みんなのライトノベルコンテスト」表彰式

4月4日(金)に取り行われた表彰式の詳細報告です。
広島アニメーションビエンナーレのサイトにも掲載されています。

マスコミ掲載は以下(ウェブ閲覧できるもの)
・RCCニュース 中国放送 広島の地域情報
 「広島発アニメの原作コンテスト表彰式」
・毎日jp 地方ニュース(広島)
 「みんなのライトノベルコンテスト:優秀賞に福山の近藤さん」
・毎日jp 地方ニュース(佐賀)
 「みんなのライトノベルコンテスト:優秀賞に小城市の石川さん」

受賞作品は、ライトノベル投稿閲覧コミュニティサイト「みんなのライトノベル」にあるとおり、
●最優秀賞(25万円×1本)
  該当作品なし
●優秀賞(10万円×2本)
  蝉の鳴かない夏 (七助 蓮魔)
  タンデム~HAYASE SETO AND APPROACHES (胡蝶 侘助)
●佳作(5万円×2本)
  彩姫封魔伝 (碧乃 諒)
  夏の停止線 (智子)
●シナリオ賞(5万円×2本)
  ポケットの中の天球儀 (城 宣彦)
  鋼鉄少女 (牛頭 堅太郎)
●WEB投票賞(5万円×2本)
  まぼろしのバット (イワトビ 良)
  うさぎとこいぬ~うみのまち~ (小林 静香)
でした。

優秀賞は、福山市の高校2年生・近藤美緒(七助 蓮魔)さんと、お父さんの実家が能美という佐賀県小城市の主婦・石川恵美(胡蝶 侘助)さん。
近藤さんはとても読書家だそうで、そのバックボーンが感じられるしっかりした文章と瑞々しい感性にあふれていました。きっとこういう作品が好きなんだろうなぁというのが見える部分もあり、それがまた微笑ましい(…なんか年寄り的発言だな。いや、年ですけど。たぶん彼女のお母さんと年齢そう変わらないと思う(^_^;))。それらを消化して、これから書かれるだろう素晴らしい作品を、読んでみたいです。
石川さんの作品は、能美近辺の土地や潮回りなどを丹念に描き、キャラの設定も面白く、今回のコンテスト趣旨ど真ん中ストレート! 丹念な書き込みは時に展開の遅さを感じさせることもありましたが、長い作品の一部を切り出したとのことで、この作品の続きを、みんなのライトノベルサイトに投稿していただきたいです。

受賞者のみなさんの感想を聞いていて、受賞作品は作者の人柄、想いをしっかり表しているのだと感じました。これからも素晴らしい作品を描き続けてくださいますよう。

受賞者1マスコミ取材を受ける優秀賞受賞のお二人。

受賞者2佳作・シナリオ賞・WEB投票賞のみなさん(出席されなかった智子さんと仕事の都合で早く帰られた牛頭 堅太郎さんを除く)

受賞者授賞式・マスコミ取材も終わり、みんな揃って和やかに記念撮影。おめでとうございます!
(ヘンなタイミングでシャッター切ってしまった。スミマセン(^^ゞ)

2008年4月 5日 (土)

広島アニメーションをつくろう

昨日、4月4日、アニメーションビエンナーレ主催「みんなのライトノベルコンテスト」表彰式が行なわれ、列席してきました。
表彰式について詳しくは記事を改めますが、受賞者8名のうち7名が来広されて、良い雰囲気の表彰式となりました。

昨年夏から実行委員会にサポーターとして加わって活動してきたコンテスト、ともかくも終了。ほっと一息。
・・・なのですが、ここまでは第一ステージ。これから第二ステージの始まりです。

そもそもコンテストの趣旨は、「広島アニメーションをつくりたい」なのです。

国際アニメーションフェスティバルが20年にわたり開催されている、この広島の地。しかし、アニメファン、アニメ制作を志す人たちにとって魅力のある場所なのか?
県や市、大学等も、アニメによる地域振興や学科の設置など対策を講じているものの、それは実際にファンや制作者・制作志望者が享受できる内容となっているか?
疑問は多く、解決策も暗中模索。

これをすればズパッと解決!なんて、都合の良いものは無いだろう。
他力本願でいても、何も起きない、何も手に入らない。
自分の立場で何ができるか? その思いつきをちょこちょこっとメモしていきます。

1.魂を入れる
 ■ アニメ等コンテンツを活用した地域振興方策の実証事業検討委員会
2.地域発ムーブメントを見つける、参加する
 ■ みんなのライトノベルコンテスト
 ■ アニメCMコンペ
 ● ひろしま映像展
 ● 東広島映画祭
 ● TSS Short Movie Festival
3.言いふらす(広報・宣伝)
4.人と人、人と組織をつなげる

2008年3月27日 (木)

「みんなのライトノベルコンテスト」結果発表

「みんなのライトノベルコンテスト」(広島アニメーションビエンナーレ主催)の結果がサイト上に発表されました。
 http://light-novel.hac.or.jp/votes/result

表彰式は4月4日(金)に予定されています。

東京国際アニメフェア2008でも、本日、記者発表されているはず。
昨年から実行委員会に加わって、微力ながらアレコレやってきましたが、どうにか一段落。ホッと一息。
でも、これが始まりとも言えます。

表彰式で、素晴らしい作品を紡ぎ出した作者のみなさんにお会いできるのが楽しみです。

2008年1月12日 (土)

【みんなのライトノベル(みんノベ)】サイトオープン!

HAC/広島アニメーションシティーに、ライトノベル(小説)の閲覧・投稿ができるコミュニティサイト「みんなのライトノベル(みんノベ)」が、昨日1月11日オープンしました。
http://light-novel.hac.or.jp/

アニメーションビエンナーレ基金が主催する「みんなのライトノベルコンテスト」と連動して応募作品が掲載されるほか、応募作品以外でも自由にノベルをアップでき、また、読んだノベルに対して感想・コメントを書き込んだりできます。“サークル”というSNSのコミュニティ的な機能も用意されていて、個々の作品にとどまらないコミュニケーションの場にもできそう。
ほかにも、読んでいる途中に“しおり”をはさんだりする、楽しい機能もあるようです。
(作品のアップ、コメント書き込み等には無料のユーザー登録が必要です)

広島からアニメの原作となるライトノベルを発信しよう!という企画の一環としてのサイトですが、そういう企画やジャンルを超えてコミュニティサイト自体としても楽しめそうな予感。
機能についての要望も受け付けているので、サイトの発展に参加していくのも面白そうです。

広島は今年、アニメーションの年!
アニメーションフェスティバルアニメーションビエンナーレが開催されます。
今年はますます、広島のアニメーションあれこれを発信していけたらと思っています。

応援します! アニメーション文化の街・広島

recommend & affiliate

  • マクロミルへ登録
  • A8.net(無料会員登録)

About 裏庭・中庭

さと’Web Site

友達

  • Zen's Garbage collection
    ダンナのblog. ぼちぼち稼働してるみたいなので、リンク張ってやろっと
  • 広島珈琲紀行
    あるときは珈琲人、またあるときは蕎麦人、かつおさん
  • 蜻蛉のたはごと
    テンプレートおそろ(だった)♪るこさんの日記。
  • つれづれ日記
    土壇場女王・いつもパワフルMASAちゃんの日記
  • @りえ記
    舞台あらば日本中どこでも出没。りえちゃん一体どこに住んでいるの?
  • もりの日記
    マンガ家・杜野亜希先生の日記。今日は何に夢中ですか?
  • はなうたでラテン:
    料理上手!イラストレーターsueちゃんの日常。センス良い写真が素敵です。
  • ぼんやり帖
    のんびり癒し系なはんちゃんの、超多忙・激務の日々に織り込まれる、本と映画と舞台の数々。
無料ブログはココログ