2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

Books

  • 自主独立農民という仕事
  • 天文台日記 (中公文庫)
  • 総合科学!? シンポジウム・ライヴ
  • 塩野七生ルネサンス著作集5 海の都の物語(上)
  • 塩野七生ルネサンス著作集5 海の都の物語(下)

Books(Computer)

  • UNIXという考え方

Books(マンガ・アニメ)

  • この世界の片隅に(上)
  • この世界の片隅に(中)
  • この世界の片隅に(下)
  • 夕凪の街 桜の国
  • 長い道
  • さんさん録 1
  • さんさん録 2

Books(茶の本)

カテゴリー「おすすめサイト」の13件の記事

2012年3月25日 (日)

●応援します! アニメーションの街・広島(バックアップ)

HACバナー「広島」「アニメーション」「地域コンテンツ」情報発信&ノベル・詩・歌詞等クリエイティブ系コミュニティサイト
(Open:2007/6/1, Renewal:2009/10)
宮島文庫バナー
コスカレードバナー アニメーションフェスティバル・バナー(Since1985)

◆広島アニメーションイベントカレンダー
◆animation@Hiroshima -広島でアニメーションを-

2010年2月27日 (土)

第2回みんなのライトノベルコンテスト『宮島文庫』応募〆切は明日!

トップ記事「応援します! アニメーションの街・広島」に掲載している、
第2回みんなのライトノベルコンテスト『宮島文庫』
の応募〆切が、いよいよ明日となりました。

一昨年に開催した第1回に引き続き、実行委員会メンバーとして係わっています。
ただいま、実行委員会メンバーは、Web投票システム整備や審査に向けて、大忙しです。
前回と同じく、〆切後、読者(サイトユーザー)の皆さんによるWeb投票を行ないます。
その後、第一次審査、特別審査員による第二次審査を経て、4月終わり頃に受賞作を発表予定です。

応募作品は既にサイト上で読んでいただけるようになっています。
既に20作品以上がエントリー。さてさて、あと1日で何作品が応募されるでしょう?o(^-^)o

興味のある方は、是非サイトへ訪問して、お読みください。
よろしければ、サイト会員登録(無料)もどうぞ。
こちら♪⇒ HAC広島アニメーションシティ
お待ちしています。(^_^)/

2009年7月12日 (日)

「●応援します! アニメーションのまち広島」修正中

そろそろ夏のアニメーションイベントの告知も始めないといけないし、それ用に個人サイトのアニメーション関連ページもコッソリ改修してるし、4月から動き出しているHAC広島アニメーションシティのサイトももうちょっとでリニューアル稼動するかもなので、他ブログのトップ掲示用記事「●応援します! アニメーションのまち広島」の元ネタを修正しつつあります。
たぶん8月に入るあたりで大改造します。にやり。

アニメーションビエンナーレも法人としては無くなってしまったし、サイト更新されてないから、バナー外してもいいんだが、もう少し残しておくことにしよう。

2009年7月11日 (土)

●応援します! アニメーションの街・広島(旧)

★4/5(日) 中国地域発「アニメ制作コンペ」入賞作品発表会@広島★
【アニメ制作コンペ】
 応募締切:2009/1/31
 発表:2009/3/19(木) 東京国際アニメフェア
アニメーションフェスティバル・バナー(Since1985) アニメーションビエンナーレ・バナー(Since2004)
HACバナー 広島とアニメーションの総合ポータルサイト
[HACオフィシャルブログβ] [広島アニメーションをつくる!ブログ]
●みんなのライトノベル● ライトノベル投稿閲覧コミュニティサイト
■アニメーションシティ広島■ 広島,アニメーションをテーマにした地域密着型サイト
◆広島アニメーションイベントカレンダー
◆animation@Hiroshima -広島でアニメーションを-

続きを読む "●応援します! アニメーションの街・広島(旧)" »

2009年3月29日 (日)

“萌えるゴミ”ってどんなゴミ?

アキバ経済新聞にこんな記事が…。

秋葉原に「萌えるゴミぶくろ」-千代田区さくらフェスに合わせ販売

 同ゴミ袋は、千代田区さくらフェスティバルの開催に合わせ、靖国神社のブースと秋葉原の同所で販売するもの。千代田区観光協会協力の下、「萌えキャラクター」を活用した地域活性化策の一環としての取り組みでもある。
 (中略)
 ゴミ袋の価格は1セット(10枚入り)350円。収益の一部は、さくら基金に寄付し、桜の植樹などに使用される。

所謂「萌えキャラ」イラストを配したグッズの流れではある訳ですが、環境に寄ってるところがほのぼのですね。
アキバでは既に今更感は無いのかな?
つか、捨てるの勿体ない…いや、恥ずかしくないか?

広島でも、カープグッズで萌える…じゃなくて「燃えるカープの燃えるゴミ袋」(可燃ごみ用)があります。もろもろの分別用ゴミ袋を萌え燃え系で出せば、ゴミ袋有料化もすんなり受け入れられるような気もするが。
どうでしょう、地方自治体の環境局の皆様。

“萌え”と“燃え”のコラボと言えば、広島にはこういうのもありますよねぇ。


それにしても、“萌えるゴミ”って、どんなゴミでしょうね。コワイ考えになってしまうわ。ドキドキ(違)。

2009年1月18日 (日)

書籍購入備忘(アニメ・コンテンツ関連)

bk1「あとで買うリスト」に入れっ放しで、忘れてしまいそうな本をメモっておく。
見つけてすぐ買うと後悔することがあるかもと思って、クールダウン期間を設けるため「あとで買うリスト」に入れておくようにしているのです。が、放っておくにしても程があるっちゅーくらい置きっ放しだ。(^_^;)
発行年がやや古く最新情報としてはどうかなという本もありますが、とりあえずリストアップ。
…ほんっと、最近、本買ってないなぁ。コミックスはたまに紀伊国屋へ行って買ってるんですけどねぇ。
※書籍画像をクリックするとbk1の各書籍ページへ飛びます。

■塩の街 Wish on my precious 電撃文庫版(有川 浩/メディアワークス/2004.2発行) 578円 <2009/06/20購入>

●涼宮ハルヒの憂鬱(谷川 流/角川書店/2003.6発行) 540円

●テレビ進化論 映像ビジネス覇権のゆくえ(境 真良/講談社/2008.4発行) 756円

■コンテンツの思想 マンガ・アニメ・ライトノベル(東 浩紀ほか/青土社/2007.3発行) 1,260円 <2009/05/26購入>

■イママン 本谷有希子マンガ家インタビュウ&対談集(本谷有希子/駒草出版/2007.12発行) 1,365円 <2010/10/03購入>

●マンガ論争勃発 2007−2008(永山 薫・昼間 たかし/マイクロマガジン社/2007.12発行) 1,500円

●ライトノベル完全読本 Vol.3(日経BP社/2005.12発行) 880円

●ライトノベル完全読本 Vol.2(日経BP社/2005.1発行) 780円 ※bk1在庫切れ

●ライトノベル完全読本(日経BP社/2004.8発行) 1,000円

●メカビ ’08年冬号 実写ドラマ版「魔法先生ネギま!」大特集(講談社/2007.12発行) 1,500円

●メカビ ’07年秋号 秋のアニメ新番組、全力特集(講談社/2007.9発行) 1,450円

●メカビ Vol.02 ただのオタクには興味ありませんっ(講談社/2006.12発行) 1,500円

● メカビ Vol.01 男子は皆、オタクである(講談社/2006.6発行) 1,500円

●萌える!経済白書(河合 良介/宝島社/2006.1発行) 1,575円

●萌え経済学(森永 卓郎/講談社/2005.10発行) 1,575円

●はじめての知的財産法(尾崎 哲夫/自由国民社/2005.6発行) 1,365円

●アジア市場のコンテキスト[東アジア編] 受容のしくみと地域暗黙知(川端 基夫/新評論/2006.7発行) 2,625円

●アジア市場のコンテキスト[東南アジア編] グローバリゼーションの現場から(川端 基夫/新評論/2005.10発行) 2,310円


密林さんの余計なお世話システムがあまり好きでないので、本の購入には専らbk1を利用している。難点は本しか買えないことだったけど、去年末からHMVとの提携でCD,DVDも変えるようになった。へへへ、あんなアニメとかこんな映画とかバリバリ買えるぞ!o(^-^)o

書籍購入備忘(仕事・コンピュータ・ウェブ関連)

bk1「あとで買うリスト」に入れっ放しで、忘れてしまいそうな本をメモっておく。
見つけてすぐ買うと後悔することがあるかもと思って、クールダウン期間を設けるため「あとで買うリスト」に入れておくようにしているのです。が、放っておくにしても程があるっちゅーくらい置きっ放しだ。(^_^;)
発行年がやや古く最新情報としてはどうかなという本もありますが、とりあえずリストアップ。
…ほんっと、最近、本買ってないなぁ。コミックスはたまに紀伊国屋へ行って買ってるんですけどねぇ。
★書籍画像をクリックするとbk1の各書籍ページへ飛びます。

■テレワーク 「未来型労働」の現実(佐藤 彰夫/岩波新書/2008.5発行) 735円

● Webコミュニティでいちばん大切なこと。 (伊藤 将雄・古川 健介ほか/インプレスジャパン/2008.1発行) 2,310円

●ウェブ進化論(ちくま新書)-本当の大変化はこれから始まる (梅田 望夫/筑摩書房/2006.2発行) 777円

● はじめての知的財産法(尾崎 哲夫/自由国民社/2005.6発行) 1,365円

● プロダクトストラテジー 最強最速の製品戦略(マイケル・E.マクグラス/日経BP社/2005.4発行) 3,465円

● 明日の広告(佐藤 尚之/アスキー新書/2008.1発行) 780円


密林さんの余計なお世話システムがあまり好きでないので、本の購入には専らbk1を利用している。難点は本しか買えないことだったけど、去年末からHMVとの提携でCD,DVDも変えるようになった。へへへ、あんなアニメとかこんな映画とかバリバリ買えるぞ!o(^-^)o

2009年1月17日 (土)

広島フィルム・コミッション主催「サポーターズミーティング」

行ってきました。

広島の全テレビ局の20代~40代のノリにのってるディレクター(主としてドキュメンタリー制作に係わる)を5人揃えての講演。各ディレクターはそれぞれ制作した番組を10分程度に短縮したものを紹介され、これまで知らなかった広島の事実を知ることができたり。
よくまぁ、調整したなと。凄いです。
NHK広島は故・緒形拳さん主演「帽子」のディレクターでしたね。

その後、分科会として1テーブルに1ディレクターを配してのディスカッション。
講演会の主対象は映像制作を目指す学生さんでしたが、私が参加したディスカッションテーブルでは、大学生のほか高校放送部の顧問の先生(もちろん生徒を引率して来られたのでしょう)がいろいろと質問しておられました。私も遠慮がちに質問してみたり。

講演会とディスカッション内容はまとめて後程アップします。

年1回のイベントのようですが、もう少し頻繁に開催してもらえたら楽しいだろうな。
アニメーションとの連携が取れるだろうか? 取れるとしたら、相乗りで何かできたら面白いと思うのですが。

●広島フィルム・コミッション
●今回イベントについての広島経済新聞紹介記事

2008年11月30日 (日)

猫のひろこちゃんと素粒子戦隊リニアコライダー

8月24日に開催の「国際ガンダム学会準備会議」に広島大学から突撃参加された、高橋徹先生が運営に係わられているサイト「ILC-Project 国際リニアコライダー計画」のコンテンツ「物理屋往復書簡」をときどき読ませていただいている。

24日の記事がカワイイ。
書簡メンバーのお一人が捨て猫を保護して育ててらっしゃるそうなのだが、その仔猫の名前が「ひろこちゃん」
(↓「物理屋往復書簡」より引用)

「すてこ(捨子)」じゃあんまりなので、
「ひろこ(拾子)」という名前になりました。

……ツボですよぅ。ぬこ萌えー。
残念ながら写真はありませんが、黒猫だそうです。かわええーだろうなぁ。妄想は膨らむ。妄想の、いや想像の余地のあることは、萌えには必須だにゃ。

10月23日の高橋先生の記事では、着々と宣伝企画(?)も進められているよう。
ええっと、“素粒子戦隊リニアコライダー”(YouTube)って……どうなんでしょうね。(^_^;)
ほどほどのヘタ絵がイイ感じではありますが。ははは。
この歌ってオリジナルですか? アニソン・特撮ソングでコライダーと言えば、「マッハバロン」の“マッハコレダー! ぶっぱなせ”ですが、替え歌は最近キビシイからダメでしょうねぇ。あ、ヤバイ。歌いたくなった。「マッハバロン」の歌は良いです。ちょっと…突き抜けているものがある。

2008年7月19日 (土)

今年のアニフェスは一味違う?

5月ころサイトが美しくリニューアルされてびっくりしてたんデスが、プログラム情報告知もメッチャ早いですよ!
「初日に行ってプログラムガイドブック(公式カタログ)を買うまでプログラム構成が分からない」と陰口たたかれていた(すみません! ちょっと大袈裟かも。でも、見に行く人間にとって体感そんな感じ)前回までとは大違いだ。
いや、事前に予定が分かるのはほんと有り難いです。アニフェスサイト更新スタッフ、ガンバレ!

今年のプログラムの中には、生誕80周年を記念した手塚治虫回顧上映があり、その情報が昨日サイト告知されてました。
手塚治虫制作の短編アニメ上映とアニメ関係者によるトークショーという構成らしいですが。
トークショー参加者が、手塚眞(挨拶のみ?)、杉井ギサブロー、出崎統、富野由悠季、りんたろう、高橋良輔・・・すげー豪華メンバー!
こりゃ行かねば。こんなメンバーをナマで拝める機会はそうそうありませんぜ。

広島国際アニメーションフェスティバル公式サイト⇒ http://hiroanim.org/

応援します! アニメーション文化の街・広島

recommend & affiliate

  • マクロミルへ登録
  • A8.net(無料会員登録)

About 裏庭・中庭

さと’Web Site

友達

  • Zen's Garbage collection
    ダンナのblog. ぼちぼち稼働してるみたいなので、リンク張ってやろっと
  • 広島珈琲紀行
    あるときは珈琲人、またあるときは蕎麦人、かつおさん
  • 蜻蛉のたはごと
    テンプレートおそろ(だった)♪るこさんの日記。
  • つれづれ日記
    土壇場女王・いつもパワフルMASAちゃんの日記
  • @りえ記
    舞台あらば日本中どこでも出没。りえちゃん一体どこに住んでいるの?
  • もりの日記
    マンガ家・杜野亜希先生の日記。今日は何に夢中ですか?
  • はなうたでラテン:
    料理上手!イラストレーターsueちゃんの日常。センス良い写真が素敵です。
  • ぼんやり帖
    のんびり癒し系なはんちゃんの、超多忙・激務の日々に織り込まれる、本と映画と舞台の数々。
無料ブログはココログ