2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

Books

  • 自主独立農民という仕事
  • 天文台日記 (中公文庫)
  • 総合科学!? シンポジウム・ライヴ
  • 塩野七生ルネサンス著作集5 海の都の物語(上)
  • 塩野七生ルネサンス著作集5 海の都の物語(下)

Books(Computer)

  • UNIXという考え方

Books(マンガ・アニメ)

  • この世界の片隅に(上)
  • この世界の片隅に(中)
  • この世界の片隅に(下)
  • 夕凪の街 桜の国
  • 長い道
  • さんさん録 1
  • さんさん録 2

Books(茶の本)

カテゴリー「*記事クリップ」の9件の記事

2011年10月22日 (土)

デニス・リッチーの死に

10月13日
デニス・リッチーの死を知る。
追悼デニス・リッチー「プログラミング言語C第2版」
追悼デニス・リッチー「プログラミング言語C第2版」 posted by (C)さとたえ

バイブルと言える本ってなかなか無いけど「プログラミング言語C 第2版」は確実にバイブル。「コサインってどうやって出すんでしたっけ? アークタンジェント? それ何ですか」と言って上司をあきれさせた超文系プログラマの私が何とか仕事を続けられたのはこの本のおかげです。ありがとう。
じわじわ脱力してきた…。時代が過ぎ去っていく。元気で何にでも取り組んでいたのが古い古い昔のような気がしてくるな。(/_;)

写真付きツイートで共立出版さんに捕捉された。ありがとうございます。20年前に購入した「プログラミング言語C」の本には10年以上前につけた付箋がついたままです。R.I.P

10月14日
ITmediaニュースにも出ましたか。私にとってはジョブズの死より256倍(古い言い方ですみませぬ)ショック…。
■C言語の開発者、デニス・リッチー氏が死去 - ITmedia ニュース http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1110/14/news018.html
私も昔からMacとは相性が悪いってのもあるのだが。世の中の多くのものはC言語とその子らで動いているんだよねぇ。…なんて、すっかりばぁさんですな。

疲れが溜まっていたり季節の変わり目だったり天気が悪かったりで体調不良なせいもあるんだろうけど、やる気が絶賛崩壊中。新しいことに無闇に手をつけるより、放置しているものの片付けあたりからぼちぼちやることにしようか。
なんかずっと走ってる感じなので、一息ついてゆるっとすることにします。


■(UNIX, C言語の始祖)Dennis Ritchieから学ぶべきこと - TechCrunch
http://jp.techcrunch.com/archives/20111015what-can-we-learn-from-dennis-ritchie/

2009年10月22日 (木)

エレベータ・テスト

「結論から」「全体から」「単純に」

●日経ネットワーク 2009年8月号
IT技術者のための地頭力養成講座 第5回「抽象化思考力」で単純に考える

●社会全般に対する考察 オンリーワン見聞録
見聞録214-3 地頭力を鍛えるためのツール 「エレベーターテスト」(FIN)
http://blog.fideli.com/u-nbd/archive/180/0

2009年8月10日 (月)

ニュース・ブログ記事クリップ掲載変更

ジャンル毎に掲載ブログを変えていた『ニュース・ブログ記事クリップ』は、「めもろーぐ:忘備録と独り言」ブログ掲載に一本化。ここのブログに投稿していたいくつかの記事を上記ブログへ移動。

とりあえず気になった記事をメモして、余裕ができたらコメントを書き込もうと思ってたが、全然余裕なし。まとまったコメントが書きたいニュースについては、『ニュース・ブログ記事クリップ』としてでなく、個別に記事を起こすようにする。

※自分用の覚書です。

2009年7月18日 (土)

387分の1…参加することに意義がある?

国立メディア芸術総合センター(仮称)事業アイディア応募総数、387件だそうな。多いのか少ないのか。
1000件くらいは集まるんじゃ?と勝手に思っていたが、期間がたった一週間だったしねぇ、400件弱でも集まった方と言うべきだろうか。

内容はどうであれ応募して件数増やすことに意義があるかもと思ったので、1件メールしときました。
しかし、ちょうど仕事と某イベント準備の忙しい時期と重なったので、だいたいの趣旨は整理していたものの、文章まとめたのは〆切日の月曜朝、出勤前の小一時間だけ。ろくな推敲もせず送信ボタンクリーック。後で読み返したら、“てにをは”オカシイわい。(^_^;)

ともかく、関連ニュース・ブログ記事をとりあえずクリップ。
整理した後にコメントするかもしれません。


●かもちゃんがゆく!
国立メディア芸術総合センター(仮称) みんなの意見 (7/18)

▼INTERNET Watch
“アニメの殿堂”お台場以外の可能性も? 既存施設の活用も検討 (7/17)


■文部科学省
大臣会見概要(6月30日)

■カレントアウェアネス・ポータル(国立国会図書館のサイト)
文化庁、「国立メディア芸術総合センター(仮称)」の事業内容、施設内容等のアイディアを募集 (7/6)


●日本財政の健全化
国立メディア芸術総合センター(仮称)について与党議員から疑問の声 (6/10)

●小田切博の「キャラクターのランドスケープ」
「国立メディア芸術総合センター」に関する混乱 (6/23)

●秋沙のココログ既知ログ
国立メディア芸術総合センター(仮)、通称 アニメの殿堂とか国営漫画喫茶の事業アイディアを文化庁が募集 (7/7)

●こんなことあるんだよね
“アニメの殿堂”の事業アイデア、文化庁が公募 (7/7)

●はてなダイアリー 桀紂屋[ketchu]
[短信]国立メディア芸術センターに展示保存の自由を与えたい (7/9)

2009年7月13日 (月)

自分の作成したプログラムがメモリ上のどこに

Interface 2009年7月号
特集 デバッグ・ツールを適材適所で使いこなせ!
第4章 ICEによるトレース機能を使ったデバッグ手法 p.56より
(著者:横河ディジタルコンピュータ(株)大垣憲和氏)

組み込みシステムの大規模化により,開発現場ではアプリケーション・プログラムの開発比率が高くなっています。同時に,「組み込みスペシャリスト」の数は確実に減っており,自分の作成したプログラムがメモリ上のどこに配置されているかも知らない(知る必要のない)エンジニアが増えています。


組み込みシステムのデバッグ手法を解説した特集記事の一部。
なかなか考えさせられる文章なので、思うところあってメモしておく。

※後程、思うところを書きます。

2009年7月 8日 (水)

国立メディア芸術総合センター(仮称)事業アイディア公募

取り急ぎニュースクリップ。
文化庁がこんなことを始めたらしいです。応募してみます?>誰ともなく
募集期間は7月13日17時必着。メール/FAX/郵送にて。

●国立メディア芸術総合センター(仮称)についてアイディアを募集
http://www.bunka.go.jp/oshirase_other/2009/mediageijutsu_iken_boshu.html


■ITmediaニュース(7/7 21:47)
“アニメの殿堂”の事業アイデア、文化庁が公募
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0907/07/news108.html
・・・だから、“アニメの殿堂”って言い方はやめれ。誤解の元だろうが。

■アニメ!アニメ!ニュース(7/8 01:00)
文化庁 国立メディア芸術総合センターのアイディア募集開始
http://animeanime.jp/news/archives/2009/07/post_824.html
・・・こちらはさすがに手堅くまとめている。

さて、この急な動きが吉と出るか凶と出るか。良い方向へ行くきっかけになればいいんだが。

2009年5月21日 (木)

国立メディア芸術総合センター(仮称)

ドタバタと4月、5月を過ごしていたら、こんなトンデモなニュースを見過ごしていましたよ。
文化庁2009年度補正予算案に建設費用117億円を計上ですとぉ!?

この手の話が出ると、所詮ハコモノ…といった批判があると思うけど、単純にハコモノ批判するのはどうかなと思う。なかなかハコすらない地域からしたら贅沢って言われるよ。
ただ、こういった施設がいつも眉唾なのは、必ず「仏作って魂入れず」になってしまうから。
将来的に、日本を初めとして世界の、作り手や鑑賞者のためになる施設になっていくのか?

ええっと、文化庁の資料をまだちゃんと読んでないので、この記事はざっと読んだネットの情報だけで書いていることをご了解ください。

●「アニメやゲームに国の「殿堂」 東京都内に設立構想」 asahi.com 4月9日
●「お台場にアニメ美術館=11年度完成、目標は年60万人-文化庁」 時事ドットコム 4月28日

●文化庁-メディア芸術の国際的な拠点の整備について(「国立メディア芸術総合センター(仮称)」構想について)

●文化庁メディア芸術祭ブログ「話題の「国立メディア芸術総合センター」、報告書に書かれている内容とは?」 5月16日
●「マンガ好きだからこそ「国立メディア芸術総合センター構想」には異議あり」 nikkei BPnet 時評コラム 5月13日

お台場(ナゼ? フジテレビの圧力?(笑))なんかに大規模にドカッと作ってどうするんだ? ますます中央-地域格差を激しくしてしまう可能性だってある。
お台場でもいいんで核となる施設として建設しつつ、地域のマンガ図書館、アニメーションや映像施設のネットワーク作りやテコ入れにも予算配分すべきなんじゃ?

そこ行って入場料を払えばマンガ・アニメ見放題な施設になるのだとしたら、「国立マン喫」って揶揄されても、しょうがない。

「メディア芸術」という言い方も、どうも引っ掛かる。既にそういう言い方が流通しているので仕方ないが、“メディア”って何を指して言っているのだ?
そして、外国人観光誘致といつもセットでアニメ・マンガが使われるのにも、そろそろ飽きた。方向性は否定しないが、中身も深く考えず、それ有りきで走ってないか?

ともあれ、これが今年度から来年度のマンガやアニメに係わる政策動向に影響を持つことは確かなので、生暖かい目で見守っていきましょう。

続きを読む "国立メディア芸術総合センター(仮称)" »

2009年3月29日 (日)

“萌えるゴミ”ってどんなゴミ?

アキバ経済新聞にこんな記事が…。

秋葉原に「萌えるゴミぶくろ」-千代田区さくらフェスに合わせ販売

 同ゴミ袋は、千代田区さくらフェスティバルの開催に合わせ、靖国神社のブースと秋葉原の同所で販売するもの。千代田区観光協会協力の下、「萌えキャラクター」を活用した地域活性化策の一環としての取り組みでもある。
 (中略)
 ゴミ袋の価格は1セット(10枚入り)350円。収益の一部は、さくら基金に寄付し、桜の植樹などに使用される。

所謂「萌えキャラ」イラストを配したグッズの流れではある訳ですが、環境に寄ってるところがほのぼのですね。
アキバでは既に今更感は無いのかな?
つか、捨てるの勿体ない…いや、恥ずかしくないか?

広島でも、カープグッズで萌える…じゃなくて「燃えるカープの燃えるゴミ袋」(可燃ごみ用)があります。もろもろの分別用ゴミ袋を萌え燃え系で出せば、ゴミ袋有料化もすんなり受け入れられるような気もするが。
どうでしょう、地方自治体の環境局の皆様。

“萌え”と“燃え”のコラボと言えば、広島にはこういうのもありますよねぇ。


それにしても、“萌えるゴミ”って、どんなゴミでしょうね。コワイ考えになってしまうわ。ドキドキ(違)。

2009年2月18日 (水)

作り手を“やる気”にさせる著作権とは

たまたま検索して見つけて、ちゃんと読んでなかったなぁと気付いたので、メモ。

■ITmedia News 2008/01/28
「作り手を“やる気”にさせる著作権とは――島本和彦氏など語る」

島本の感想文 2008年1月アーカイヴ

応援します! アニメーション文化の街・広島

recommend & affiliate

  • マクロミルへ登録
  • A8.net(無料会員登録)

About 裏庭・中庭

さと’Web Site

友達

  • Zen's Garbage collection
    ダンナのblog. ぼちぼち稼働してるみたいなので、リンク張ってやろっと
  • 広島珈琲紀行
    あるときは珈琲人、またあるときは蕎麦人、かつおさん
  • 蜻蛉のたはごと
    テンプレートおそろ(だった)♪るこさんの日記。
  • つれづれ日記
    土壇場女王・いつもパワフルMASAちゃんの日記
  • @りえ記
    舞台あらば日本中どこでも出没。りえちゃん一体どこに住んでいるの?
  • もりの日記
    マンガ家・杜野亜希先生の日記。今日は何に夢中ですか?
  • はなうたでラテン:
    料理上手!イラストレーターsueちゃんの日常。センス良い写真が素敵です。
  • ぼんやり帖
    のんびり癒し系なはんちゃんの、超多忙・激務の日々に織り込まれる、本と映画と舞台の数々。
無料ブログはココログ